ソンフンミンがアンドレゴメスへのタックルで一発退場がヤバイ

スポーツ

韓国のサッカー選手であるソンフンミンがアンドレゴメスにタックル。ソンフンミンが後ろから勢いをつけてアンドレゴメスにスライディングタックル。アンドレゴメスはその結果、オーリエと激しく接触。アンドレゴメスは着地に失敗して右足首があらぬ方向に…。

このタックルによりソンフンミンはオーリエは取り乱し、タックルをしたソンフンミンはレッドカードで退場。ソンフンミンは自らもつい最近かなり強烈なタックルをもらっていましたが…。今回はソンフンミンのアンドレゴメスへのタックルについてみてみましょう。 

 

ソンフンミンのタックルの経緯

出典:ソンフンミンインスタグラム

ソンフンミンのタックル事件がおこったのは2019年11月3日のプレミアリーグ第11節。エバートンVSトッテナムがグディソン・パークで行われました。タックル事件が起こったのは78分。タッチライン際でソンフンミンがアンドレゴメスに向かい背後からスライディングタックル。

アンドレゴメスがカバーに入ったオーリエと接触。着地に失敗をしてしまいます。結果右足首を負傷して足首があらぬ方向に。観客もタックルでアンドレゴメスがあたった瞬間に総立ち。しかし近くにいる選手や観客は思わず目を背けるほどで…。

アンドレゴメスがショックを受けないように近くに居たチームメイトがとっさにゴメスの顔を覆うという行動も。 

 

ソンフンミンの報復タックル説も囁かれてしまう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cenk Tosun(@cenktosun14)がシェアした投稿

実はタックルの直前、アンドレゴメスのドリブルの際にゴメスの肘がソンフンミンの顔にあたっているように見える場面が(およそ75分前後)。そして次にマッチアップした際にソンフンミンがスライディングタックルをしたので報復タックルに近いのではないかとも言われています。

正直な所ソンフンミンのタックルだけではそこまで大きな問題にはならず、避けようとしてその場所に相手選手、オーリエがカバーに入っていたというあわせ技で負傷をしたという印象。

とはいえボールにチャレンジできるとは思えない状態でのタックルなので報復タックルかそうじゃないかと言われると…どちらかというと報復タックル寄りと思われてしまいます。 

 

最初はイエローカードだった

実はソンフンミンのタックウルは最初はイエローカード。しかし途中でレッドカードに変更。レッドカードに変更をした理由は「タックルの結果選手の安全を脅かしたことに対するもの」であるとしています。

また、試合終了間際に同点ゴールを決めたロスンは、インスタにて「このゴールはゴメスに捧げる」とコメントをしています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cenk Tosun(@cenktosun14)がシェアした投稿

ソンフンミンは落ち込んでいたとチームメイトが明かす

トッテナムのデレ・アリはソンフンミンがレッドカードで退場した後、落ち込んで控室で泣いていたという事を明かしています。確かにタックルをした後にソンフンミンは呆然とした様子を見せており、まさかここまでの怪我になるとは思って居なかったのでしょうけれど…。

正直な所泣きたいのは選手生命が危ぶまれるレベルの怪我を負ってしまったアンドレゴメスの方だと思うわけで。実際ソンフンミンだけに責任があるかと言われるとそうではなく、オーリエがカバーに入っていたなど、不幸な偶然が重なったのも確かですが報復にとられかねないタックルが発端なわけですし。これを不慮の事故と流すのはちょっと。

プレミアリーグ第4節では逆にタックルされていた

プレミアリーグ第4節、アーセナル対トッテナムが2019年9月1日(現地時間)に行われました。結果は2-2の痛み分け。この時には前半39ー40頃にソンフンミンは相手のグラニット・ジャカにタックルをされてしまいます。下記動画の0:52頃がその場面。

HIGHLIGHTS | ARSENAL 2-2 SPURS

さすがにボールにチャレンジできないだろうという状況でソンフンミンはタックルされ、その結果PKが与えられてトッテナムが追加点という形。ソンフンミンはタックルを受けてもいたものの今回はアンドレゴメスにタックルをしてしまいこのような結果に…。 

 

ソンフンミンのタックルによる怪我に関するネットの反応

ソンフンミンのタックルが発端となり、オーリエと衝突して右足首を負傷してしまったアンドレゴメス。無事に回復してくれればよいのですが…。ソンフンミンのタックルに関するネットの反応はこちら。

  • 悪意しか感じられないスライディングタックルだった
  • 大怪我させてショックなのはわかるけど被害者はアンドレゴメスでありソンフンミンじゃない。
  • 今シーズンは非常に良いプレーしていただけにただただショック。
  • こんなラフプレーはもっと厳しくして欲しい、基本的にプレーが荒くなりすぎ
  • 確かにタックルで怪我をしたわけじゃないけど背後からのタックルでソンフンミンは擁護しようがない
  • もっと笛を厳しくしてれば防げたのかもしれない
  • 泣いてたように見えたけど泣きたいのはAゴメスの方
  • 恐ろしいアクシデントだ、これでまたスパーズにはレッテルが貼られてしまう

ソンフンミンは選手として素晴らしいとは思いますが、さすがにこのプレーでは一気に印象が悪くなってしまう気がします。アンドレゴメスが復帰できればよいのですけれど…。プレミアリーグはもう少し接触に対する判定を厳しくしたほうが良いような。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました