KenKen復活!しかしソロでDA桜井誠はがく然で大荒れ

音楽

KenKenが復活することが明らかになりましたが炎上。その理由は復活の経緯にあります。ある意味でDragon Ashは不名誉な報道で名前を出されたわけですが、復帰の際にDragon Ashについてノータッチだったようです。

今回はKenKenの復活がソロであること、DragonAshの桜井誠の反応についてみてみましょう。

   

KenKenが復活することが明かされる

出典:KenKenツイッター

KenKenこと金子賢輔が薬で逮捕をされ、初公判で起訴内容を認めたのが10月16日。その月のうちにKenKenが復帰をすることが明らかに。

KenKenの復帰が報じられたのは2019年10月31日18時。佐藤タイジプロジェクトのツイッたーでの事。2019年11月3日、11月4日の佐藤タイジのツアーにKenKenの出演が決定したことを報告。この復活報告が様々な意味で大荒れすることに…。

KenKenの主な所属バンドは兄である金子ノブアキのいるRIZE。そして2012年からメンバーであったDragon Ashの2つ。KenKenと共に逮捕されたのはRIZEのJESSEであり、「RIZEのメンバー二人が逮捕」であったのに知名度の問題なのかDragon AshのメンバーKenKenが逮捕と報じられたという経緯が。

もちろんKenKen本人がまだ発表していないので本当であるかどうかは不明。しかしDragonAshの桜井誠はこの事を聞いて以下のようにツイート。

また、KenKenの復活ライブの二日目である2019年11月4日にはDragonAshのツアー「THE FIVES」のライブが熊本にて行われます。そんな時にDragonAshのメンバーに話を通さずにソロで復活ということで様々な反応が…。

当初はもちろんKenKenはDragonAshには話を通してのことだと思われていたため、少し早い気もするもののファンは暖かく迎えていたのですが…。 

 

DragonAshの今までの対応

KenKenは2011年にサポートベーシストとしてDragonAshに参加。2016年には本格的に参加し、2017年にはメンバーとしてクレジット。現在もDragonAshの公式サイトからは逮捕されたからといって削除されておらず。

逆に「心からの友人として世代を超えた絆で結ばれた盟友IKUZONEの意思を引き継ぎ、DragonAshを支え続ける」と紹介もされています。また、公式サイトでKenKenの逮捕についてメンバーからの言葉で謝罪。KenKenが保釈された時にもKenKenの謝罪文を公式サイトにて「KenKenよりお詫び」という形で真っ先に紹介。

そしてその後のライブやフェスなどでDragonAshのメンバーはKenKenが逮捕されたことで心配や迷惑をかけたことを謝罪していました。そのためいずれはDragonAshとして復帰をするものと思われていました。

一方でKenKenのことをDragonAshは「サポートメンバー」と表現したことやその後は他のサポートベーシスト、TSUYOSHIを迎えて音楽活動を続けていたことに違和感を覚える人もいたようですが…。 

 

KenKenの復帰方法に関するネットの反応

KenKenの復帰については、やはりKenKen本人がまだ告知していないため半信半疑。しかし仮に本当であるとしたら、2019年10月16日に薬での逮捕による起訴内容を認めて懲役6ヶ月が求刑されてから(弁護側は執行猶予付きの判決を求めて即日陪審したものの)およそ2週間での復帰は少し早すぎます。

その上、結果的に迷惑をかけてしまったDragonAshメンバーに話を通していないのは、仮に復帰の場が他であったとしても疑問を持つ人が多いようです。KenKenの復帰に関するネットの反応はこちらとなります。

  • なにか特別な理由が無いと納得できない
  • 一部のDAファンから戻ってくるなと言われるのも残念だけど仕方ない
  • ドラゴンアッシュがKenKen逮捕されてどんな気持ちでフェス行ったか考えると何も言えねえ…
  • 筋さえ通ってたら復帰も嬉しかったんだけどな
  • サクちゃんのツイート見ると悲しみしかない
  • 復帰がこのやり方なのは無い。なさすぎる。
  • 佐藤タイジは悪くないんだろうけど…
  • 仲間を大切にする人だと思ってたのに

KenKenと共に逮捕されたJESSEは2019年8月14日に保釈。この時にJESSEは「ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした」と言って30秒も頭を下げ謝罪。しかしKenKenは特に謝罪をせず。

保釈されてから5日後、2019年8月19日にKenKenは公式サイトにて「お詫び」として謝罪文を発表しています。保釈の際の行動に対しては「警視庁本部から対応の要請があった」という理由で現地の謝罪が出来なかったと言及。今回のKenKenの復帰の方法でこの時の対応などが結果的に蒸し返されることに…。

関連リンク:佐藤タイジが謝罪!KenKen復帰がそして未定に

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました