清塚信也の母親の教育術が凄い。姉の清塚美耶はヴァイオリン

子供の頃からスパルタな母親により
教育を受けていた清塚信也
姉の清塚美耶もヴァイオリンで
音楽教室で指導などをしています。

今回はそんな清塚信也の
母親の教育術についてと
姉の清塚美耶がヴァイオリンを
担当していたことについてみてみましょう。


 

 

■清塚信也の母親の教育術

清塚信也の母親は韓国人であり
父親は日本人なのでハーフ。

もともと清塚信也の母親は
クラシックが大好き。

しかし子供の頃に
やらせてもらえなかったのがコンプレックス。
それを清塚信也、姉の清塚美耶に
英才教育を施して自分の夢を
託すという形に。

そうして清塚信也がピアノを始めたのは
姉である清塚美耶が桐朋学園で
ヴァイオリンを習うことになったため。

幼かった清塚信也に
留守番させることも出来ず
母親は清塚信也も連れていき、
自然と絶対音感が。
そうして清塚信也は5歳の頃から
ピアノを始めるように。

そして清塚信也の母親は
清塚信也に物凄い教育術を…。
 

 

■具体的な母親の教育術

清塚信也の母親の教育術は
2018年12月15日放送の
「サワコの朝」などにて語られています。

上記動画は母親の
教育術の極々一部で
以下の様なエピソードも披露。

■小さい頃に姉と笑うと
「今笑うな、人生の後半で笑え」
「笑う暇があったら練習しろ」
「音楽家になれなかったら
そのときは生きていなくていい」
などと言われる。
(当時小学校低学年)

■朝5時から練習。
起きれないときには
「人はいつかずっと寝る時が来る」
「今は起きなさいなどと言われる。

また、清塚信也は
母親の教育術に関して
2019年4月19日放送の
「ダウンタウンなう」でも
以下のように語っています。

■朝5時から12時間ピアノの練習。
朝はみんな弾いていない、
差をつけるなら朝だという理論。

■母の留守中に交代で遊んだ。
その時は姉と楽器を使って見張り番。
見張りが母が来た音を聞きつけると
「ミドミド」「シソシソ」
と音を出し合って監視を切り抜けた。

■ピアノに特化しすぎて
掛け算は6の段以降はできない。
割り算はルールがわからない。

 

 

■姉はヴァイオリンで音楽教室に

ちなみに清塚信也のツイートによると
このアカウントが姉のよう。

清塚信也の姉はピアチェーレ音楽教室で
月曜日にヴァイオリンの
個人レッスンをしている
清塚美耶と思われます。

ピアチェーレ音楽教室のプロフィールによると
1980年生まれであり
桐朋学園大学附属の
子供のための音楽教室で学んだとのことで

名前も含めて清塚信也の姉とされる
プロフィールと全て一致。

■おわりに

清塚信也は母親から
なかなか凄いピアノの教育を受けていますが
そのことについて現在は
以下のように答えています。

ちなみに清塚信也は現在
嫁と結婚して子供もいます。
清塚信也の子供について、
母親はどう接しているのかと言うと
ものすごく優しくしているとのこと。

その理由を聞くと
「お前たちには失敗した」
「子供が萎縮する」などと言われたと
前述の「サワコの朝」にて語っています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました