廣瀬俊朗が超万能で解説も。大学院はどこかというとBBT

廣瀬俊朗がドラマに解説にと超万能。更には現在は大学院に通っています。どこの大学院かというとBBT(ビジネスブレークスルー)大学院。今回はそんな廣瀬俊朗が超万能なことについてと大学院で現在も学んでいるということについてみてみましょう。 

■廣瀬俊朗が超万能

廣瀬俊朗はラグビーの元日本代表キャプテン。演技未経験ながらも2019年夏の話題作「ノーサイドゲーム」で物語のキーマンを演じる超万能ぶりを披露。また、ラグビーワールドカップが2019年9月20日に開幕しておりその時にラグビーの魅力をPR。

『ノーサイド・ゲーム』浜畑役で注目の廣瀬俊朗、ラグビーの魅力アピール!/ラグビーワールドカップ2019ファンゾーン in 神奈川・横浜

他にも廣瀬俊朗は以下のような才能を発揮。

■名門・北野高校進学。
■「女性自身」で漫画「ラガーにゃん」監修。
■書籍「ラグビー知的観戦のすすめ」の執筆。
■「ノーサイドゲーム」で俳優業。
■ラグビーワールドカップ日本大会生中継の解説者。
■大学院にも進学。

廣瀬俊朗はノーサイドゲームで俳優として注目をされ、その直後にラグビーワールドカップの解説と超万能ぶりを発揮

■廣瀬俊朗の大学院はどこか

廣瀬俊朗は実は2017年にはビジネスブレイクスルー大学の大学院(BBT大学院)に通っていることを「2枚めの名刺」というWEBマガジンで告白。廣瀬俊朗がBBT大学院に通う決意をした理由は「厳しい道、新しいことに戦しないと未来はない」という言葉に感化されたため。

そうして廣瀬俊朗は2016年にBBT大学院に入学。2019年9月時点では既に卒論も提出。MBAの取得も決定しています。そして今後はBBT大学院のアスリートアンバサダーとしてアスリートらのセカンドキャリアを積極的に発信していくとも告白。

BBT大学院は日本で初めてのオンライン学習を取り入れた経営大学院で、2005年に開学した比較的新しい大学院です。オンデマンド型のオンライン学習であるため多忙な人でも自由に学べるという特色。

ちなみに公式ツイッターアカウントは現在の所上記ツイートのみ。

■おわりに

廣瀬俊朗は超万能故に多忙。そのような事もあるために大学院はオンライン型であるBBTが最適だったのかもしれません。ちなみに本部の所在地はどこかというと下記の地図の通りになっています。

実際の所BBT大学院の本部になにか用事があるということは基本的には無いとは思いますけれども。ちなみに廣瀬俊朗の超万能ぶりの一端である漫画「ラガーにゃん」は既に重版決定の人気ぶり。

もちろん漫画を廣瀬俊朗が描いたわけではないので廣瀬俊朗の超万能ぶりだけのおかげ、というわけではないですけれども。

コメント

タイトルとURLをコピーしました