小室哲哉がKEIKOの歌声をインスタで公開!完全復帰も期待される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小室哲哉が、くも膜下出血で倒れて
現在は療養中のKEIKOの歌声をインスタで公開しました。

最近はKEIKOの事をツイッターやインスタで
ちょくちょく出しているので
完全復帰も近いのかもしれません。

今回はそんな小室哲哉がインスタやツイッターで公開した
KEIKOの現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小室哲哉が公開したKEIKOの現在

まず最初に、2017年8月15日に
小室哲哉がインスタで公開した、
KEIKOの歌声についてみてみましょう。

病気後に創って唄ってみた keikoの声です。きっと今は もっと上手になってると思う。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

つい最近の声ではないようですが、
現在はこれよりも更に上手になっていると思うと
小室哲哉は語っています。

また、2015年8月9日、globeの結成20周年にも
イベントでKEIKOのゆっくりとして
しっかりとした肉声メッセージが公開されました。

2017年6月には小室哲哉がツイッターで
小室哲哉と、KEIKOと女の子が
KEIKOの実家の料亭の「山田屋」近辺で
手を繋いでいるスリーショットも公開されています。

小室哲哉がKEIKOの情報を
ここまで出しているのをみると
KEIKOの完全復帰も近いのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■小室哲哉とKEIKO

順番的には前後しますが、
KEIKOは1995年8月に小室哲哉が主催するイベントで
globeのボーカルとしてデビュー。
2002年には結婚(小室哲哉にとっては再婚)をしています。

■KEIKOの病気と療養

KEIKOは2011年10月24日夕方に
都内病院に首の後部の激痛を訴え救急搬送。
くも膜下出血と診断され
翌日に手術をして入院を余儀なくされています。

2011年12月8日にKEIKOは退院をして
リハビリに入ったことを小室哲哉が語っています。

2014年4月には小室哲哉が
KEIKOの復帰については
まだ兆しがないと語ってはいます。

しかし今回小室哲哉がインスタで
KEIKOの歌声を公開したということは
音楽に興味を持ったという可能性が高く
復帰にも期待が…。

■おわりに

ちなみにKEIKOのツイッターは
殆ど毎日同じ文面。

それでも多くの反応を得ていることから
KEIKOの注目度の高さがわかります。

個人的には小室哲哉が
KEIKOの音声を公開したことよりも
少し前の音声を公開した事で
復帰の可能性を感じます。

小室哲哉はKEIKOの復帰について
慎重に動いているので

そんな小室哲哉が音声収録直後ではなく、
ある程度時間が経ってから
音声を公開しても良いという
判断をしたということは
復帰の目処がある程度はついたためではないのかな、と。

これも希望的観測ではありますが、
そうであって欲しい。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA