雅子様の若い頃の適応障害の病状悪化の原因は過去の宮内庁長官の言葉説があってヤバイ

皇室

ついに即位の礼でお披露目となられる雅子様。2003年には帯状発疹を発症し療養。適応障害だと発表されて病状が心配されていましたが、病気が悪化した原因は当時の宮内庁長官の言動であるという説も…。

今回は雅子様の若い頃の病状悪化、そしてその原因は過去の宮内庁長官の言葉であるという説についてみてみましょう。 

 

雅子様の若い頃の病状

出典:ツイッター

雅子様は2003年12月から帯状発疹を発症して休養。皇族の方が公務を長期間休むのは異例のことであり、雅子様の病状について当時皇太子であった今上天皇陛下は主に以下のように仰っていました。

  • (1993年の)結婚により全く異なる環境に入った。
  • 皇太子妃という立場から来るプレッシャーが大きかった。
  • その上お世継ぎ問題でさらなるプレッシャーも。
  • 幸い子供が生まれて(2001年に愛子様)公務に復帰をするも様々な要望に応えようとしすぎて披露が蓄積。
  • 病状を回復するため休めるように協力いただければ幸い。

また、今上天皇陛下は2004年5月には雅子様の病状について原因を「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言。雅子様は海外で育ったこともあり、宮内庁との間に不和があるとは噂されていました。

そして2004年6月には適応障害であると医師の診断を受けて再び療養生活に。今上天皇陛下は雅子様の病状と原因、理由についてほのめかしたものの具体的には明言せず。しかしこのように今上天皇陛下が仰られたことで雅子様の病状の原因は宮内庁にあるとした見方がとても強くなりました。 

 

 

雅子様の病状悪化の原因は宮内庁に有りか

そのように雅子様は2003年12月に帯状発疹で療養。公務復帰もおよそ半年後には適応障害であると発表され再び療養。とはいえ雅子様が適応障害であると診断された病状には懐疑的な声も。理由としては「産後うつ」状態になる条件も満たしていたため。

もともと第一子を育てるときは通常の人でも不安や緊張に押しつぶされます。それに加えて雅子様は皇太子妃という立場。お世継ぎ問題により当時の宮内庁長官の発言「皇室の将来を考えると、秋篠宮さまに3人めを希望したい」という言葉にてまさに「人格否定」をされた状態であったためです。

1999年12月には雅子様のご懐妊報道がありましたがこの時にもひと悶着が。実は予測にしては内部情報に詳しすぎるため、雅子様に近い人物…つまり宮内庁の人間がリークしたのでは?と囁かれていたのです。実際に雅子様もそのような事を感じ取っていたのか宮内庁に不信感が…。 

 

 

雅子様の現在の病状

雅子様の病状についてはその後も度々報じられ、2010年2月には医師団が「5年半前とは比べられないほどに良くなられた」などといった見解を公式に発表。

しかし2010年3月には愛子様が学校を休まれていることが発覚。このことに雅子様はこころを痛め愛子様の登下校に付き添うようになりました。

その後2017年4月に愛子様が学習院女子高等科に進学され、愛子様が自立を勧めたことで雅子様も安心をしたのか病状も目に見えて回復。

それ以降は公務を積極的に行い、2018年1月には新年恒例の「講書始の儀」に15年ぶりに出席。こうして雅子様の現在の病状は概ね回復されたと見られています。 

 

 

皇室の医療費は実は自己負担

実は皇室の方々は基本的に医療費は全額自己負担。住民票がないため社会保険や健康保険に加入が不可能であるためです。そのような理由で基本的には10割自己負担。しかし天皇陛下の治療は国の責任としての理由があるため公費で支出。

ただし皇族の方はケースバイケース。公費の場合もあれば自費の場合も。基本的に公的な活動に使われる「宮廷費」により支払われており、2003年の上皇陛下のガン手術の費用も宮廷費。

寛仁親王陛下はガン手術をなんども受け、私費では負担が多すぎるためにがんに関しては宮廷費から支払われるというケースも。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました