崎谷健次郎がストーカー被害27年。元嫁は有木林子で現在は鶴崎江理子と

シンガーソングライターで
音楽プロデューサーの崎谷健次郎
なんと27年にも及ぶストーカー被害に
遭っていたことを告白。

その際に今まではプライベートを
明かしていなかったものの
有木林子こと吉國一己と結婚し離婚。
現在は所属事務所社長の
鶴崎江理子と結婚していることも

このストーカー被害にて
明かさざるを得なくなりました。

今回は崎谷健次郎のストーカー被害と
結婚をしていたことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■崎谷健次郎について

名前:崎谷健次郎(さきや けんじろう)
生年月日:1962年12月30日
出身:広島県福山市

崎谷健次郎は1987年に
映画「いとしのえりー」の
主題歌「思いがけないSITUATION」でデビュー。
同年に「もう一度夜を止めて」が
シチズン「ライトハウス」のCMの
イメージソングとしてタイアップ。

■崎谷健次郎が結婚していたことを明かす

崎谷健次郎は今までは
結婚について明かしていませんでしたが
24歳の時に広島の同級生であった
有木林子こと吉國一己と結婚。

実際に有木林子は多くの作詞曲を
崎谷健次郎に提供をしています。
また、アグネス・チャンの
「きよしこの夜」も作曲。

数年間別居をした後、
崎谷健次郎が28歳の時に離婚。
その後崎谷健次郎は34歳の時に
現在の所属事務所である
インプレッションの社長、
鶴崎江理子と結婚をしているとのこと。

また、現在のところ子供は
いないことを明かしています。

崎谷健次郎が結婚を
明かさざるを得なくなったのは
ストーカー被害にあい、
プライバシーがストーカーが
書いていたとされる
ブログにかかれていたため。
 

【スポンサーリンク】

 

■崎谷健次郎のストーカー被害の経緯

崎谷健次郎のストーカー容疑者は
1991年の時の知り合い。
崎谷健次郎がレコーディングで
ニューヨークに行った時の知り合い。

正確に言うとその時に有木林子は
NY大学に留学しており
有木林子の大学の知り合いだったとのこと。

その後ストーカー容疑者が
日本に帰った時に崎谷健次郎が
歌手であることを知り
1999年のアルバムの曲が
自分に向けたメッセージだと思い込み
1992年からストーカー被害が始まったとのこと。

2019年春にはブログを初め
崎谷健次郎と周囲の人間に対して
とても攻撃的な内容を繰り返すように。

そして2019年6月12日に
ストーカー容疑者が逮捕をされたことを
崎谷健次郎が明かしています。

■件のブログ

崎谷健次郎がストーカー被害に
遭っていたというのは
おそらく「今井式3オクターブ歌唱法研究所
ミュージックノストロ」というブログのこと。

崎谷健次郎は件のブログに
国籍のデマが書いていること、
崎谷健次郎、有木林子は共に
両親が日本人であることを記述。

件のブログに崎谷健次郎の
元嫁の有木林子は
国籍が日本ではないなどと
書かれていますのでまず間違いないかと。

そのブログには一例を上げると
以下のようなタイトルが。

「崎谷健次郎の話」
「崎谷健次郎氏側から何も反応がありません。」
「崎谷健次郎へメッセージ2」
「渋谷啓作署に冤罪を着せられました。」
(タイトルは原文ママ)

「元妻によるDV被害の証拠その4
(1999年のメール)」

しかし27年とはとても長い。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

崎谷健次郎がストーカー被害について
本腰を入れたのは
崎谷健次郎の関係者の実名を
ストーカー容疑者が
ブログにて公開したためかもしれません。

また、ブログでは実際に
ストーカー容疑者本人が
歌を歌っている動画も存在。
ブログの内容はなんとも凄い。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください