志村けんの兄(志村知之)告白。弟の聖火ランナーの夢を…

芸能

志村けんの兄が告白。志村知之が新型コロナウイルスによる肺炎により入院先の病院で死去。志村けんの新型コロナウイルス感染発表からわずか5日後の出来事でした。

志村けんの兄である志村知之はそんな国民的タレントである弟の事をコロナ陽性反応後に現状を告白。そして死亡が発表された30日にも弟の生前の様子を告白しています。今回はそんな志村けんの兄の志村知之の告白についてみてみましょう。

志村けんの兄である志村知之

出典:ツイッター

志村けんの兄の画像が話題となったのは2017年4月1日。生まれ故郷である東京都東村山市の視聴である渡部尚(わたなべたかし)が画像を掲載。志村けんの兄は3月をもって長年勤めていた東村山市役所を退職。当時70歳でしたが定年退職をした後も臨時職員として勤務をしていました。

志村知之は1969年から東村山市役所に勤務。最後には高齢介護課に勤務をして住宅を一軒一軒回って保険料を収めてもらうなどして信頼関係を築いていったとのこと。ちなみに髪の毛がある分、弟の志村けんよりも若く見られていたとも告白。

ちなみに志村知之は長兄。志村美佐男が次兄。二人の兄は公務員となりました。志村3兄弟の画像は実は志村けんがインスタに投稿をしたことも。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

志村けん(@ken_shimura_bakatono67)がシェアした投稿

志村けんの兄として告白

志村けんが新型コロナウイルスに感染発表された25日。実は27日には文春にて志村知之は志村けんの兄として現状を告白していました。文春による志村けんの兄の告白は主に以下の通りとなっています。

  • (新型コロナ)陽性だと聞いて心配でしょうがない。
  • 映画を降板したというのも知り、けんは出演を楽しみにしていた。
  • (病院には)私は行っていません。
  • 感染してしまうのでいけない。
  • 行けるものなら看病に行ってやりたい。
  • (入院の一報は志村けん所属事務所社長の)井澤さんだったかな…。
  • (病状については)報道の通り。集中治療室に入ったというのも井澤さんからの連絡。
  • 井澤さんからも(志村けんの)意識のことは聞けていない。
  • 病院の主治医が家に診にきてくれて、そこで体調がよくないから入院しようとなったと聞きました。
  • 今年の正月にあったのが最後。
  • 「NHKの朝ドラに出るんだ」とか「映画の話があるんだよ」と嬉しそうに話してた。
  • 酒はだいぶ減ったみたいだった。
  • 早く回復して元気になってほしい。
  • すぐにでも会いに行きたいよ。

志村けんの兄が上記のように志村けんの現状について文春の取材に応える形で告白。基本的に志村けんの病状については兄も志村けんの事務所社長から連絡を受けていると言った形。志村けんは21日に人工呼吸器をつける際に麻酔で眠り、それ以降は意識は無かった事が明らかとなっています。

志村けんの死去後に兄が告白

志村けんが新型コロナに発症してから兄が取材に応えて再び告白。志村けんの兄である志村知之は東京都東村山市の実家前で取材に応じて以下のように告白。

  • 最後に会ったのは2月末(前述の告白とは時期がずれてます)。
  • 2月20日の志村けんの70歳の古希祝いを25日に自分の息子と共に麻布十番で。
  • 「50年以上芸能界の一線で頑張ってきたので凄かったと思います」

実際に2月の古希を祝う会での志村けんと兄・志村知之の長男である志村憲之との2ショット写真も提供をしているため、志村けんの生前に告白をしたように最後に会ったのは1月ではなく2月というのが正しかったようです。

これは混乱で忘れていたというよりは本当に身内だけでの集まりであったためにあえてこの時の話は出していなかったのかもしれません。写真もありますしね。

聖火ランナーを楽しみにしていた

基本的には酒の席でも自慢は滅多にしない志村けん。そんな志村けんが楽しみにしていたのは2020年7月に開催予定であった東京オリンピックの聖火ランナー。志村けんはそれをとても楽しみにしていました。

志村けんは「7月に東京のオリンピックの聖火ランナーやるんだよ」「夢みたいだろ?」「ちゃんと走れるようにしておきたいじゃん?」と語ってお酒も今までよりは遥かに控えていました。

2016年に肺炎を患ってからはタバコも一切やめて吸っておらず、周囲の人も志村けんがいるときにはタバコは吸わないようにしていた程。また、東村山市長のわたなべたかしも志村けんの事について以下のようにツイート。

東村山市を全国的に有名にしたのは「志村けんの全員集合 東村山音頭」。この古都で志村けんは東村山の知名度を高めたとして感謝状が授与。そして志村けんへの感謝と激励の証として東村山駅前にケヤキの木を植え、これが「志村けんの木」と呼ばれています。

元ドリフターズのリーダー、いかりや長介は2004年3月20日に72歳で死去。志村けんはそれよりも若く70歳で亡くなってしまいました。

また、志村けんの兄である志村知之は2017年5月にはFLASHの取材に応じて「アイ~ン」のポーズを披露。このときに心配事について「弟の結婚」と告白も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました