足立梨花が不謹慎発言か。志村けん関連で炎上…

芸能

足立梨花が不謹慎発言をしたとして炎上。志村けんのコロナ発覚時に不用意なツイート、そして逝去が発覚した後のインスタストーリーには自罰的な発言が。今回は足立梨花の不謹慎発言とされる者、志村けんが逝去した後のインスタストーリーに隠されたメッセージについてみてみましょう。

発端となったのは足立梨花のツイート

出典:足立梨花インスタグラム

足立梨花の不謹慎発言の発端となったのは志村けんの新型コロナウイルス感染が発表された3月25日。足立梨花は以下のようにツイートをしていました。

足立梨花は志村けんと「志村でナイト」などで共演をしており、実際にインスタでも志村でナイトのストーリーを作成しています。

出典:足立梨花インスタグラム

そのため足立梨花と志村けんが共演をしているというイメージが世間的には強く、足立梨花本人は大丈夫なのだろうか、という声が出るのは不思議でもなく、その心配に答える自体もは不謹慎発言とは言えません。

ただし志村けんに対する心配の声が一切無いために冷たい印象を与えてしまいました。足立梨花のこのツイートには厳し目のリプライが多数。

取り急ぎファンへの報告であり、言葉足らずなだけではあるのでしょうけれども「志村さんをいたわる気持ちが欲しかった」「かわいがっていただいている大先輩にこれはひどい」等とかなり過激な意見が多く感じられました。ちなみにもっと過激な意見のほうが多かった印象。ピックアップしたリプライはまだ平和な方です。

インスタストーリーに隠し文字

そして足立梨花は2020年3月30日にインスタストーリーズに桜の写真を投稿。上記画像はモノクロ加工をしていますが、モノクロ加工をした理由が物凄く小さな、白い文字で隠された2文があるのを少しでも見やすくするため。桜と被っているため完全には判別できませんが、判別しやすい所だけを読むと以下の通り。

  • わたしが●ねばよかったんだ
  • そう●●●ほしいんでしょみんな

正解かは不明ですが「わたしがしねばよかったんだ」「そうなってほしいんでしょみんな」という文章が書かれているのではと推測されています。

足立梨花が公式で追悼コメントは事務所から

そんな足立梨花ですが追悼コメントを事務所を通じて30日に発表しています。足立梨花の追悼コメントは以下の通り。

完璧じゃない私を温かく見守ってくださっていた志村さん。
コントで迷った時も「こうすればいいんじゃない?」とさりげなく教えてくださり導いてくださいました。

ときにはアドリブをして、みんなが必死なって繋げているのをニヤニヤ見ているお茶目な一面や、音効一つにしても妥協をしないその姿、心からコントを楽しんでいる姿を間近で見ることができ、とても勉強になっていました。

お父さんとのコントまだやりたかった。悔しいです。寂しいです

ご冥福をお祈り申し上げます。

足立梨花
こちらは不謹慎発言でもなんでも無く、志村けんとのエピソードを交えたコメント。

過去のツイッター炎上を語る足立梨花

また、足立梨花は2018年にはツイッターで炎上をしてしまっています。流れとしては足立梨花はJリーグ公式女子マネージャーでサッカー番組のMCも務めるなどサッカー関連の仕事が多い状態。

そんな時、2018年6月28日の日本対ポーランドで日本が終盤あまり攻勢に出ないまま敗北。その事に足立梨花が以下のように一連ツイート。

このツイートにはそれも戦術などと批判が殺到する自体に。そしてたまりかねて足立梨花は以下のようにツイート。

この子余を受けて足立梨花は2018年7月9日の朝日新聞社の発表会にて「でもなんか、ツイッターはどちらかと言えば自分の気持ちを発信する場なのかな、って私の中では思っているので、ああいう事件が起きちゃう」と炎上騒動を振り返りました。

高嶋香帆のツイートは炎上せず

また、同じく志村でナイトで共演をしていた高嶋香帆も新型コロナウイルスの症状はない事をツイート。意味的にはほぼ同じですが文面がしっかりしており炎上せず。

また、志村けんが亡くなった後も追悼ツイート。そして追悼番組を視聴した旨などをツイートしています。

コメディアンとしての志村けんの遺志を尊重してか湿っぽい話はせず裏話などを明かしたり。

田代まさしも足立梨花と似た趣旨の発言もしていたが…

バカ殿といえば田代まさし、そんな彼は現在は控訴中ではありますが懲役2年半の実刑判決が下っています。偉大なる師匠である志村けんの訃報に田代まさしはYoutubeにてコメント。内容の書き起こしは動画の後に記述します。

  • 僕は志村さんの急逝のニュースを見て志村さんより僕が逝くべきだったと思いました。
  • 志村さんは今のこの世の中に笑いを届けるために必要な人でした。
  • 悲しくて心の整理がつきません。
  • 1番脂が乗っていた頃にたくさんの番組でご一緒させていただいたことを幸せに思います。
  • 笑いに必要なこと、大切なことをたくさん教えていただいてありがとうございました。
  • いつかあの世でまた一緒にコントをさせていただけたら嬉しいです。
  • 安らかにお休み下さい。

田代まさしも足立梨花のように、自分が逝くべきだったというコメントをしています。しかしこのコメントについては「逝くべき人なんていない」「いつかそっちに言ったら『師匠、俺クスリやめられましたよ!』と胸張って言えるようにしよう」などと温かいコメントが多数。

足立梨花の不謹慎発言での炎上についてのネットの反応

志村さんにはお世話になってたはずなのにこのコメントはちょっと大きいマイナスだね。
好きなことをつぶやくのは良いんだけどイメージ商売だからね。商売道具のイメージである言葉は大切にしないと…。
人気商売なんだから言葉の使い方は気をつけないと厳しいね
言いたいことは分かるけど言葉選びに失敗したね。インスタの方は正直良く気づいた人いたなって思うけど
嫌なら見るなは正論だけど人気商売だとどうなんだろう
好きに書いても良いけど批判も好きにされちゃうからね。度を過ぎた批判は好きじゃないけど

SNS、特にツイッターは基本的に拡散前提。そのために一度ツイートなどをすると長期間残ってしまうと考えないと危険ですね。

そういう意味では足立梨花の志村けんへの追悼コメントはツイッターなどSNSを使わず事務所を通しての発表は正解だったのかなと。顔を合わせてですと言葉のトーン、表情などで正確な意図を伝えやすいですが文字情報だけですと正確には伝わりづらいですしね。

意図しない発言が不謹慎発言として炎上をする恐れは誰にでもあるというか…。このような事が起きる度に自分も言葉遣いなどは一層気をつけようと思ってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました