小池百合子が失言か。志村けんの死去を「最後の功績」と表現し失言

ニュース

小池百合子都知事が失言か。日本中が偉大なコメディアン、志村けんの死去に哀悼の意を表してました。そんな中で東京都の知事である小池百合子も志村けんの死去にお悔やみの言葉を寄せました。しかしその表現が「最後の功績」と表現して疑問の声が。

今回は志村けんの死去を小池百合子がどのように表したか。そしてその小池百合子の言葉に対しての反応についてみてみましょう。

小池百合子の発言が波紋を呼んだ

出典:小池百合子ツイッター

東京都の小池百合子知事が志村けんの死去に関してお悔やみの言葉を寄せたのは2020年3月30日。東京都町での報道陣のインタビューにて。実際の動画はこちら。動画の後に小池百合子のコメントを記述します。そこまで量はないですけれども。

小池都知事、コロナの危険性届けた 志村けんさん死去

  • まず、謹んでお悔やみを申し上げたいと存じます。
  • 志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり、それから笑いを届けてくださったと感謝したい。
  • 最後にですね、悲しみとコロナウイルスの危険性についてですね、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その最後の功績も大変大きいものがあると思っています。

この小池都知事のコメントの赤字部分、「最後の功績」という表現に違和感があるとしてネット上で物議を醸しています。ちなみにツイートではその表現は不使用。

ネット上の反応

違和感があるけどそれに値することだと言うことなのでは?
実際に志村さんの死で多くの人がコロナへの危機感を持ったとは思う
今までなんとなく平気だろうと思ってた人も志村けんの死で衝撃を受けていっそう気をつけるとは思う。
日本の宝とも言える志村けんの最後で確かに多くの人がハッとしたのは事実。
最後の功績を文面通りに受け取った人は言葉の裏まで受け取るべきだと思うよ。小池と意地は東京都民の命の事を考えなきゃいけない立場だし。
さすがに言葉尻を捕らえていちいち噛みつかなくても良いとは思う。
言いたいことはわかるけど言葉選びがね。
個人的には小池百合子都知事が言いたいことは分かるんですよね。ただ、やはり最後の功績という言い方は少し失敗かなと。
例えば「志村さんの死を無駄にしないように今元気だと思ってる方も十分気をつけて欲しい」などの表現でしたら誰もひっかからないと思います。最後の功績という表現ですと人の死を結果的にプラスかマイナスかだけで評価しているように感じます。
例えば志村けん本人がコロナウイルスに関して注意喚起をしていたのならその表現でもまだわかったんですけどね…。
ただ小池都知事の言いたいことはわかります。今まではコロナウイルスで死者が出てたと散々報道をされていましたが、それは知り合いでない限りは顔も名前もわからない、見知らぬ人物が死んだとしか多くの人は認識していなかったわけで。
しかし志村けんという日本でテレビをミている人なら知らない人がいないほどの超有名なコメディアンが死んだ事で多くの人はコロナウイルスの恐怖が身近なものだと実感したんですよね。
そのように、どこか対岸の火事であると感じていた人に身近なものだという事を知らせたという効果は実際にあったことは間違い有りません。
ちなみにドリフのメンバーである加藤茶は志村けんの死に「みなさんも身近に感じて、気をつけてくださるようお願い致します」とコメントをしており、西田敏行も以下のように追悼コメントを発表。
  • 日本のバスター・キートン、天才志村けん氏が逝った。
  • 新型コロナウイルスと人類の戦争の最前線で壮絶なる戦いの末 逝った。
  • 彼は身をもって新型コロナウイルスの驚異を教えてくれました。
  • 志村けんさん、我々は貴方の死を無駄にはしません
  • 新型コロナウイルスに打ち勝ちます。合掌。

このように志村けんの死に関して小池百合子と西田敏行は新型コロナに関連してコメント。志村けんが新型コロナウイルスの驚異を教えてくれたと大きな意味では同じ事を言っています。

しかし表現が違うせいで小池百合子のお悔やみの言葉は少し違和感があるという結果に。もちろんリアルタイムの対応での取材での発言と文章でのコメントでは準備期間なども違うのですが…。言いたいことはわかるのですが言い方が悪いパターン。日本語って難しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました