河村たかし炎上!金メダル噛みへの批判殺到具合がヤバイ

河村たかしの金メダル噛みに…
  • 経緯のおさらい
  • 各界から批判殺到し大炎上
  • 一般市民らもドン引き

ソフトボール日本代表として金メダルを獲得した後藤希友投手。4日に表敬訪問をしましたが、まさか名古屋市長である河村たかしが金メダルを噛むという暴挙に出るとは思っても見なかったでしょう。

一応謝罪(?)の言葉も出しましたが火に油で炎上が続いてしまっています。

河村たかしの金メダル噛みの経緯

河村たかし 金メダル噛み

出典:CBCニュース

後藤希友は名古屋市熱田区出身のソフトボール日本代表選手。2021年8月4日に市長である河村たかしを表敬訪問して金メダル獲得を報告。

この時に後藤希友は「名古屋が大好きなので、地元に金メダルを持ち帰ることができて良かった」とコメントをしていました。

そして表敬訪問の際に後藤希友は河村たかしに金メダルをかけましたがこの時に河村たかしは「重たいな」とつぶやいたかと思うとマスクを外してまさかの金メダルを噛むというパフォーマンス。こちらがCBCニュースの実際の動画。

モロに直です。後藤希友は突然のことで苦笑をするしかありませんでしたが、この河村たかしの金メダルを噛むパフォーマンスに多くの人…特にアスリートらが反発。

大炎上中の河村たかし

河村たかし市長の金メダル噛みには多くの人から批判殺到。軽く見渡すと以下の通りになります。

名前役職等コメント
ウルフアロン柔道100kg金メダリスト「もし噛んだら…この先はやめときます」
高藤直寿柔道60kg金メダリスト「自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに」「俺だったら泣く」
七尾旅人シンガーソングライター「シンプルに気持ち悪い」「ウルフアロンのメダルだったら絶対に噛んでないだろうし」
北島康介競泳金メダリスト「そもそもなんで表敬訪問しなきゃいけないのか。僕はメダル噛んだことありません」(ツイート削除済み?)
須田亜香里SKE48「これはダメでしょう」
太田雄貴フェンシング金メダリスト「ごめんなさい、これは流石に。。」「選手に対するリスペクトが欠けている上に、感染対策の観点からも」
藤井瑞希バドミントン銀メダリスト「私もある…涙でかけた」
武岡優斗元プロサッカー選手「全然おもんないし笑えん」「ふざけんな」「リスペクトのカケラもない」
乙武洋匡作家「主役は自分だという自己愛」「そんな自分への最大の愛情表現」
小平奈緒スピードスケート金メダリスト「私だったらその場で号泣して暫く立ち直れないかも…」「メダルを噛んだことは一度もありません」
トヨタ自動車後藤希友所属「不適切かつあるまじき行為」「アスリートへの敬意や称賛、感染予防への配慮が感じられず」

色々とフルボッコで大炎上の河村たかし。また、現在は取り消されていますが太田雄貴の苦言ツイートに後藤希友は一時期「いいね!」をしていたとの情報も。現在はいいね!が取り消されていますが、精一杯の抵抗だったのかもしれません。

噛んだことに対する釈明

名古屋市長である河村たかしは後藤希友の金メダルを噛んだことについて「最大の愛情表現」「迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」とどこかずれている釈明をしました。

このニュースを見た一般市民からは抗議の電話やメールが殺到。単純に他人の持ち物、しかも本人の努力の結果手に入れられた金メダルを許可なく噛むという行為に加えて感染対策の面でも唾液をつけるのはいかがなものかと様々な面で批判をされて炎上。

最大の愛情表現というのも、2人の関係がもともと親しく子供の頃からの付き合いとかならまだわからないでも無いですが…。

それよりも「迷惑をかけているのであれば」という表現からして本人が何が悪いかをわかっていなさそうなのが問題な気はしますね。

また、河村たかしのツイッターは2021年8月2日18時35分のツイートが最新ですが、こちらには金メダルを噛んだ事に批判が殺到。

追記

2021年8月5日午前の段階で、名古屋市のスポーツ市民局広報課に3137件もの抗議や批判が寄せられたという事が明らかに。

まだまだ苦情は増えているようで、別の部署にも来ているとのことで物凄い反応に…。また、2021年8月5日の15時45分に謝罪会見を開きました。動画は以下の通りです。

心からお詫びしますと言ってはいますが、かなりつっかえつっかえで謝罪文を棒読みしている印象ですね…。本心は納得していなさそうに見えます、動画を見る限り。

河村たかしのパフォーマンス

名古屋市長である河村たかしは今までも当選する度に水をかぶって喜ぶなど、過激なパフォーマンスで知られていました。

また、2014年7月に河村たかしは世界コスプレサミットを開く際に銀魂の銀さんのコスプレを披露したりと良くも悪くもパフォーマンスが派手なタイプ。

そのため今回の金メダルを噛むというのも、自分は市民に過激なパフォーマンスを求められているという意識があり、それを最優先にした結果の出来事なんだろうなとは思います。

ただ過激なパフォーマンスをするにしても金メダルを噛むというのは選手が東京五輪での優勝にかけて来た思いと、その努力の結晶が金メダルであるという事を理解していれば選択肢には入らなかっただろうなというのが残念でなりません。

まとめ

  • 河村たかしの金メダル噛みに多くの人が批判。
  • 炎上で謝罪をするも具体的に何が悪かったか理解せず?
  • パフォーマンスを優先しすぎてリスペクトが欠けていた。

ちなみに東京五輪の大会組織委員会も「メダルは食用じゃないぞ、噛むな」と言っています。

さすがに今回の河村たかしがメダルを噛んだ事とは関係なく7月26日時点のものですが。そもそも何故メダルを噛むかと言うと、もとは1900年頃、金貨が純金であるかどうかを噛んで確かめていたという歴史が…。

純金は他の金属と比べて柔らかいため、噛むと歯型がつくのでそれで判別できたとのこと。とはいえオリンピックの金メダルが純金だったのは1912年が最後。