即位礼正殿の儀で虹に加え富士山も初冠雪!天叢雲剣効果なのかファンタジー過ぎる

皇室

2019年10月22日、即位礼正殿の儀が始まった途端に晴れて虹がかかるという映画か何かかよという出来事が。例年より20日以上遅く富士山が初冠雪ともなり天叢雲剣と即位礼正殿の儀効果なのかタイミングが神すぎる…。今回は即位礼正殿の儀で虹が出た画像などについてみてみましょう。 

 

 

即位礼正殿の儀で虹が出てしまう

 

天皇陛下の即位の礼が行われている2019年10月22日。当日東京は雨が降っていたものの、ハイライトともいえる即位礼正殿の儀が始まる13時頃からは雨が弱まり、千代田区では雲の合間から青空も。

そして虹も見えて来るという映画のラストシーンなのかよという状態に。天叢雲剣はその名の通り「大蛇の居る所に常に雲があったために名前がついた」という曰く。そのため天叢雲剣を用いるタイミングで雨。

天皇陛下は太陽神である天照大神の子孫であるという伝承が伝わっており、即位礼正殿の儀が行われるタイミングで青空も覗くというのは伝承的にもピッタリすぎる。そしてそんな即位礼正殿の儀で虹が出た画像はこちら。

 

 

 

富士山も思わず姿を見せてしまう

即位礼正殿の儀に合わせるかのように富士山も顔を出しました。しかも例年よりも20日以上遅い初冠雪を発表。平年より22日遅く、2018年より26日遅い状態。正確に言うと静岡県内からは確認できていましたが、気象台から観測できたのは2019年秋シーズンですと今回が初めて。

 

 

 

即位礼正殿の儀のタイミングで虹に関してのネットの反応

即位礼正殿の儀のタイミングで虹が出て富士山は初冠雪観測。偶然だとしてもタイミングが凄すぎる。これは本当に何十年か後、思い出話としてこの時に生まれていなかった子供に語ったら話し盛りすぎて嘘臭いって言われるレベル。そんな今回の即位礼正殿の儀のタイミングで虹がかかったことに関するネットの反応はこちら。

  • ほんときれいな虹だった
  • まさに神がかってる
  • 神話ちょっと信じちゃいそうになる
  • 鳥傍がガチすぎる
  • 幸せな時代の幕開けの象徴になってほしい
  • リアルガチで天気の子やん
  • きれいな虹で幸せな気持ちになる

偶然だとしてもこのタイミングってある?ってレベルですね、即位礼正殿の儀で虹というのは。富士山の初冠雪に関しては静岡からだと観測できていたので正確に言うと、というとアレですけれど。 個人的にはテンション上がってます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました