細美武士が火事現場に?仙台・五右エ門ラーメンで避難誘導か

細美武士が仙台中心部の繁華街の
五右エ門ラーメンの火事現場に
居合わせたとツイッターで話題に。

今回は細美武士が火事現場にいたと
されるツイートなどについてみてみましょう。


 

 

■五右エ門ラーメンが火事

2019年8月22日未明に
仙台中心部の繁華街にある
五右エ門ラーメンが
火事になったと報じられました。
五右エ門ラーメンの場所はこちら。

五右エ門ラーメンは2019年8月22日の
午前3時頃に煙が出ていると通報。
消火活動を行うも2019年8月22日
少なくとも午前7時頃まで炎上。

五右エ門ラーメンは営業時間が
午前4時までなので営業中。
店内にいた従業員と客は無事に非難しました。

また、火事の原因については
今後詳しく調べるとしていますが
五右エ門ラーメンの従業員が
調理中にガスコンロ付近から
出火したと話しているとのことです。
 

 

■細美武士が火事現場に?

そしてこの五右エ門ラーメンの火事現場に
ELLEGARDENのボーカリスト兼
ギタリストの細美武士が居合わせたという
情報がツイッターにて存在。

一連のツイートによると細美武士は
五右エ門ラーメンの店の客らを避難させ、
近隣のお店にも呼びかけ
更には消火器も使用するなど
消火に尽力を尽くしていたとのこと。

■細美武士は過去に命の使い方を語っていた

火事現場という非日常的な場所で
迅速に動いた細美武士。
2015年1月にはインタビューにて
命の使い方を語っています。

細美武士はもともと社会とは縁遠く、
疎外感も感じていて
どこか敵対していたと語っています。
しかし東日本大震災の時に
単純に何かがしたいと衝動的に東北へ。

そのことについて細美武士は
どこかで命の使い所を探していたと述懐。
放射能があっても、もし3日眠らずに力尽きても
それはそれだと思ったと告白。

なにかの役に立つならそれがいい、
というような感覚が最初にあったという。

最初はボランティアをしつつも
社会は関係ないものと思っていた細美武士。
しかしボランティアをしているうちに
少しずつ今まで関係なかったものが
関係ないものじゃなくなるように。

その感覚が細美武士にとって
今なにがしたいか、というモチベーションに
つながっているとしています。
 

 

■おわりに

細美武士は自分の行動は
自分の意志で選択するべきだと
思っているため
人に何かをするべきだ、
とは言う気がないとしています。

また、誰かのために何かをするよりは
自分の行動で自分の人生が
つながるという感覚があるとしており

全て自分のためにやっていて、
人のためだとは言えないとの事。

細美武士は火事という非日常でも
真っ先に動いて周囲に避難を促しましたが
それも自分のためということに。
やることなすことがカッコイイ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました