小林武史と桜井和寿は和解とされるがそもそも不仲ではなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

様々な有名アーティストを
プロデュースしており
自らもミュージシャンである小林武史

Mr.Childrenの桜井和寿とは
不仲であるも現在は和解したかのように
扱われていますが
実はそもそも不仲ではなかったという。

今回はそんな小林武史と桜井和寿に
何故不仲説が流れ、
それが和解したとされたのか。
そして実際の所についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■小林武史と桜井和寿の不仲説

小林武史は桜井和寿らMr.Childrenを
1992年からプロデュースし
長年影響力を行使してきました。

しかし桜井和寿らは
2014年4月には事務所を独立し
新会社「エジソン」を設立。

更には2014年11月19日発売の
35thシングル「足音~Be Strong」では
小林武史はクレジットから名前が外れ
Mr.Childrenの曲に
一切関わっていないことが明らかに。

そしてその理由が一部週刊誌によると
小林武史が2003年に発足した
環境プロジェクトへの非営利融資期間
「ap bank」に傾倒し
新会社を設立したためだと報じられます。

しかし飲食事業は赤字を出してしまい
桜井和寿には言わずに
Mr.Childrenの収益で補填していたとされ
このことに桜井和寿が怒ったため
不仲になり新事務所を設立して
独立をしたと報じられます。

ただし小林武史の飲食店関係者によると
桜井和寿らMr.Childrenの楽曲を
プロデュースしていない事は認めたものの

社会貢献事業であるため
お金の透明性には注意を払っており
赤字を補填するようなことはないと
当時から否定をしていました。

■既に2人には和解説も

不仲説が流れてしまった小林武史と
桜井和寿ですが、

2016年7月には小林武史と桜井和寿が
中心となって活動していた
「Bank Band」が6年ぶリの新曲
「こだま、ことだま。」を配信開始。

更には2017年7月21日には
小林武史と桜井和寿二人の名義で
新曲「What is Art?」を配信限定リリース。

新曲について小林武史は
桜井和寿と電話やメールでやりとりをして
作り上げたものだと明かしています。

更には小林武史は2017年9月に
モンブラン国際文化賞を受賞。
その際の受賞スピーチでも
以下のように語っています。

「桜井くんがいなければ
この賞には至らなかった」
「改めて彼にはお礼を個人的に言いたい」

このことから小林武史と桜井和寿には
不仲説があったものの
完璧に和解をしたと見る人が多いようです。
 

【スポンサーリンク】

 


■そもそも不仲ではなかった?

しかし実際の所、不仲ゆえの
独立ではなないと当事者が
語っていたりもします。

桜井和寿はMUSICA2015年1月号の
インタビューで独立については
小林武史との不仲ゆえではなく

Mr.Children自身で
セルフプロデュースを
していきたいという心境。

その理由は安定した状態を
続けていくことに
不安があったとのこと。

また、Mr.Childrenが
独立して設立したとされていた
事務所のエンジンも

それまでの事務所である
OORONG-SHAの映像部が
入っていたところを
小林武史の計らいで
使わせてもらったという経緯。

そのため元の事務所、
OORONG-SHAも目と鼻の先。
独立後も普通に交流はあったため
小林武史と桜井和寿らは
不仲ですらなかったとされています。

■おわりに

小林武史は2017年12月12日には
絢香と三浦大知の
コラボシングル「ハートアップ」を
プロデュースしたりと現在も精力的に活動。

小林武史と桜井和寿は不仲というよりは
お互いに多忙すぎるだけ
だったのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください