千鳥の大悟の出身は北木島!嫁とは離婚危機の噂も…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

千鳥の大悟といえば出身が島で
そのエピソードを紹介して有名です。

今回はそんな千鳥の大悟の出身である北木島と
嫁とは離婚危機であるという噂について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■千鳥の大悟について

本名:山本大悟(やまもと だいご)
生年月日:1980年3月25日
出身:岡山県笹岡市北木島

2003年のM-1グランプリでは決勝に初進出。
ただし下ネタをしたために
出身である北木島からは怒られたという。

しかしM-1グランプリをきっかけにブレイクして
2006年にはテレビドラマ『水戸黄門』にも
出演など活躍の幅を広げています。

■千鳥の大悟の出身の北木島

大悟の出身、北木島は岡山に有り
場所はこちらとなります。

北木島は石の島とも言われ
良質の花崗岩がとられ、
北木石というブランドで流通するほど。

靖国神社の大鳥居などにも使われており
採石と漁業が主な産業です。


 

【スポンサーリンク】

 

■岡山出身で大悟は県知事とユニット結成!?

2015年2月3日に岡山県PR大使として任命されました。
そしてそのときに千鳥の大悟とノブ、そして知事の三人で
即席ユニット「もんげーボーイズ」を結成してしまいます。

大悟以上に体を張る知事。
ちなみにテーマソングまであります。

ちなみにもんげーとは
岡山の方言ですごい、という意味。

■大悟の嫁

大悟の嫁は一般女性。
奈良県在住の元カフェ店員のまどかさん。
5年もの交際期間を経て2010年2月に結婚しました。

プロポーズの言葉は結婚しようか…ハイは?とのこと。
2月には婚姻届を提出しています。

そして2010年10月に長女の芽依ちゃん。
2013年9月12日に長男の陽太くんが生まれています。

■大悟の嫁との離婚危機とは

実は大悟は家族とは離れて暮らしています。
大悟だけが嫁たちはなれて単身赴任として上京し
「ピカルの定理」のレギュラーとして頑張っていたわけです。

しかし「ピカルの定理」は打ち切り。
そして2014年には吉本に800万円の借金もあることが発覚。
嫁には借金のことは隠していたものの
番組にてばらされてしまいました。

そのため単身赴任と借金発覚ということで
離婚の危機ではないか、と噂をされています。

■おわりに

大悟は東京で一人暮らしをしているわけですが
カーテンも布団もなく加湿器もないという。

そして電気料金を支払うことを忘れがちなため
電気を止められてしまうこともままあるという。

質素な暮らしをしているわけですが
大悟の嫁も一緒に上京したほうが良い気はします。
あまり地元を離れたくない理由とかが
あるのかもしれませんけども。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA