ヒロミの干された理由が衝撃…。休業中は実業家としてリフレッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

絶頂期には週に10本のレギュラーを持ちながらも
突然テレビから消え、干されたとされていたヒロミ

干された理由について様々な噂がされていましたが
本人自ら理由について語りました。
今回はヒロミが干された理由についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ヒロミの絶頂期

ヒロミが最も多忙だったのは1997年。
まさに絶頂期で、週に10本のレギュラー
そして月収は6000万円を超えていたという。

レギュラーでかつMCでしたから
それだけの収入になったんですね。

先輩や目上の人にもタメ口で呼び捨てやちゃん付けなど
礼儀が一切ないというキャラクターが受け
様々な番組に引っ張りだこな存在でした。

■ヒロミの干された理由

しかしそのようなキャラクターで長くやって行き
ヒロミは当時の自分を天狗であったと語っています。
そして急にレギュラー全てをヒロミはなくしてしまいます。

当初、「発掘!あるある大辞典」で
堺正章のことを「マチャアキ」と呼んでしまったため
逆鱗に触れてそのせいで仕事から
干されたのでは、とされていました。

しかしあるある大辞典から干された理由は別でした。
行列のできる法律相談所がスタートしたために

ヒロミはそれに対抗し、あるある大辞典も
もっとバラエティー色を強くしたほうが良いと主張。

バラエティー色を強めないなら俺はやめます、と言った所
じゃあご苦労様です、ということで番組を降板という形に。

 

【スポンサーリンク】

 

■関係者からの人望がヒロミはなかった?

あるある大辞典の降板をきっかけに
あっというまに仕事がなくなってしまったヒロミ。

ヒロミは年下の後輩芸人や若手スタッフには
特に厳しく接していました。
ふざけて腹パンチを連発していたため
今でもキムタクはヒロミと会うと腹筋に力を入れているという。

そしてヒロミは自分だけではなく
周りの人間も全力を注いでいないと気がすまなかったという。
周囲に120%の力を出せ!と要求をし

そんなヒロミを諌めることが出来る人間もおらず
スタッフや後輩など、ヒロミより
目下の人間に恐れられてしまいました。

上記のようにヒロミには後輩が
嫌がっている自覚がなかったんですね。

その上、年下とつるんでも得るものがないとして
大御所とばかり食事にいったり
交流を深めていたため
ヒロミは反感を持たれていたということに。

ダウンタウンも過激ではありますが
後輩芸人とは仲が良いですよね。

ヒロミはそういうのが無く、
後輩とは番組上の付き合いだけで
厳しいだけの先輩として見られてしまったんでしょうね…。

オフで交流があれば干されるようなことには
ならなかったのかもしれません。

■おわりに

ヒロミは干されていた間、
パーソナルジムの経営者となり
そこで今までの考えを反省したという。

周囲に120%の力を要求しても
付いてこれる人はほとんどいません。
なので自分も無理に頑張りすぎなくてもいいんだな、と思い

以上のように一度は芸能界から干され、
経営者としての経験を積んだヒロミはかなり丸くなり、
今では芸能界に復帰しています。

有吉や坂上忍といい
最近は芸能界に復帰した人が強いですし
ヒロミはさらに注目を浴びそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA