市川染五郎には隠し子がいて認知もしていた。嫁と結婚する前に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松たか子の兄であり、歌舞伎界の
革命児とも言われている七代目市川染五郎

実はそんな市川染五郎には
嫁と結婚する前に隠し子がいることが発覚し
その事実を本人も認めています。
今回はそんな市川染五郎の隠し子騒動についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■市川染五郎の隠し子騒動

市川染五郎の隠し子騒動が発覚したのは
市川染五郎が当時24歳であった1997年7月。

かつて舞台で知り合った、過去には
ドラマのヒロインも務めたことの有る
6歳年上の元女優との間に隠し子がいるということを
写真誌が報じます。

1997年7月10日には隠し子騒動について
市川染五郎が公園先の大阪で会見を急遽開き
以下のような事を語っています。

子供がいるのは事実。
6年前に誕生した私の子供です。

当時は真剣に交際をしており
交際をしており認知もしている。
破局についてはお互いそれぞれの道を歩もうとうということになり
お互いのために内緒にしておこうとして交流を絶った。

隠し子には一度も会ったことはなく、
これからも会うつもりはない。

また、このことは実妹の松たか子も知らなかったようで
隠し子騒動が公になってから初めて知ったという。

市川染五郎の隠し子は18歳の頃の子供であり
大きく話題になりました。
 

【スポンサーリンク】

 

■市川染五郎と嫁の結婚

そうして隠し子騒動があった市川染五郎ですが
2003年に暁星高等学校時代からの
友人である関園子と結婚。
1男1女に恵まれています。

長男の齋(いつき)は2005年に生まれ、
2009年には4代目松本金太郎として歌舞伎の世界へ。
2018年には市川染五郎の8代目の襲名予定です。

長女の薫子は2007年に生まれており、
2012年には芸名・松田美瑠として
舞踊の初舞台を踏んでいます。

男の子には歌舞伎の道があるものの
女の子にはないため、一つの現場を作ってあげたいという
市川染五郎の親心の賜物のよう。

親戚に松たか子がいるわけですしね。
十分歌の素養はありますし。
ちなみに芸名は「松田聖子」由来とのこと。

■おわりに

市川染五郎と嫁の園子さんが結婚をしたのは
隠し子騒動が発覚してから。
そう考えると嫁の園子さんは懐が深いですよねぇ…。

しかし市川染五郎も隠し子を認知していますし
今後も会うつもりはないとは言っていたものの
何らかの援助なりはしてたりするのかが少々気になるところ。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA