大竹しのぶの元彼氏、野田秀樹に対するIMALUの思いが複雑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大竹しのぶがさんまと離婚した後、
しばらく同居していた元彼氏の野田秀樹

母親の大竹しのぶの彼氏だったので娘のIMALUは
複雑な思いを抱いています。
今回はIMALUの野田秀樹に対する思いについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大竹しのぶと野田秀樹

大竹しのぶは1982年にTBSのディレクター、
服部清治と結婚し、1985年に長男の二千翔(にちか)を出産。
しかし服部清治は1987年に病氣でなくなってしまいます。

その後さんまと1988年に再婚。
1989年に長女IMALUが生まれますが
さんまとは1992年に離婚をしています。

そしてその後、大竹しのぶは
舞台で知り合った劇作家の野田秀樹と
数年間同居生活をしています。

■野田秀樹から見たIMALU

大竹しのぶとさんまが離婚したのはIMALUが二歳の時。
そのあとは彼氏の野田秀樹と大竹しのぶが同居していたため
IMALUは自分の父親とは違う男性と
幼稚園の頃から五年ほど同居していたことになります。

そして野田秀樹はIMALUが幼稚園に行く時に
「行ってきます」と必ずいって出かけなさいと言った後に
IMALUは礼儀正しい子であったものの
「行ってきます」だけは頑なに言わなくなったり

野田秀樹の役者仲間がスカートを履いていたIMALUをからかったため
どう説得してもスカートを履かなくなったりと
IMALUは子どものときは頑固な一面があったという。
 

【スポンサーリンク】

 

■大竹しのぶの彼氏であった野田秀樹に対するIMALUの思い

IMALUは小学校でお父さんの似顔絵を描くことになった時に
気を遣ってさんまではなく、野田秀樹の顔を描いたという。

そのようなこともあり、大竹しのぶが多忙なこともあり
こんな家を出て行く、と大竹しのぶに言ってしまった際には
泣きじゃくってさんまに電話をかける母、大竹しのぶの姿を見て

母親も苦労をして悩んでいるだろうに
言ってはいけないことを言ってしまったと思い
家出を踏みとどまった事があるという。

IMALUの子供時代はかなり複雑ですが
それでも今では野田秀樹に対しては以下のように語っています。

「お父さんがいっぱいいるって、うれしかったんですよ。
お父さんが私には人より多くいるんだっていうふうに考えられたんです」

■おわりに

とはいえIMALUもさすがに思春期には
母、大竹しのぶの彼氏など恋愛ごとには敏感であり
母親の携帯をチェックするなどの
行動に出てしまったこともあるという。

しかしそんな環境でもIMALUが健やかに育ったのは
父親であるさんまと会える機会が常にあったのは大きいかもしれません。

大竹しのぶは破局した後でもさんま、
そして野田秀樹などの才能は今でも尊敬をしていて
円満離婚、破局ではあったとされています。

そのためによくありがちな、離婚したら
父親に会わせないということがなかったのが
IMALUにとっては救いだったんでしょうね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA