海原やすよが脳動脈瘤で手術へ。旦那の宮本大輔も難病の過去が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実の姉妹の漫才コンビである海原やすよ・ともこの妹の方である海原やすよ
脳の動脈瘤の手術を受けるために大阪市内の病院に
入院したことが発表されました。

海原やすよの旦那、元野球選手の宮本大輔も
難病を患っていた過去があり心配な所です。

今回は海原やすよの手術の経緯と
旦那である宮本大助の難病と現在についてみてみましょう。

2017年1月31日追記

2017年1月30日に、
海原やすよ・ともこ姉妹の冠番組
「やすとものどこいこ!?」
を放送するテレビ大阪の社長が

海原やすよはすでに退院して自宅で療養中であり
近く復帰する予定であることを明かしました。

19:00追記

2017年1月10日に退院をし
1月31日のロケで仕事に復帰をしたようです。

追記終わり


 

【スポンサーリンク】

 

■海原やすよについて

名前:海原やすよ(うなばら やすよ)
本名:宮本康世(みやもと やすよ)
生年月日:1975年10月14日
出身:大阪府

海原やすよ・ともこは
祖母が海原お浜・小浜の小浜。

父親が「海原かける・めぐる」のかける。
海原めぐるは改名して現在は池乃めだかとして活動をしています。
母親はマジシャンのワンダーのり子。

親子3代で漫才師であり、
海原やすよ・ともこは実の姉妹で1992年に漫才コンビとして結成。

1995年にはNHK新人演芸大賞の演芸部門大賞と
上方漫才大賞を受賞したことにより
親子3代で上方漫才大賞を受賞したお笑いの名門一家。

■海原やすよの脳動脈瘤の経緯

海原やすよは2016年11月の下旬から頭痛を訴えており
血圧も高い状態が続いたために
2016年12月26日に頭部MRI検査を受けたところ

脳動脈瘤が発見され、くも膜下出血の可能性があるため
即入院、手術も近日中にということになりました。

脳動脈クリッピング術という手術をうけ
2017年1月中旬ごろに退院をする予定で
仕事の再開は様子を見ながらということになります。

海原やすよ・ともこのレギュラー番組である
「やすとものどこいこ!?」などについては
暫くは代理を建てるか姉の海原ともこだけで出演の予定です。
 

【スポンサーリンク】

 

■海原やすよの旦那、宮本大輔の難病と現在

海原やすよの旦那である元オリックスの宮本大輔。
海原やすよと結婚をしたのは2005年12月の現役投手時代。

宮本大助は結婚直後の2006年2月に
難病である黄色靭帯骨化症という難病と診断され
3月には半日がかりの手術をし、
手術後は海原やすよが泊まり込みで付き添い。

3週間後に退院をしても寝たきりで
6月にようやくリハビリが出来るようになり
練習試合に出ることが出来るようになったのは2007年春。

2008年7月には1軍に昇格したものの
2009年には一軍での登板がなく球界を引退しました。

そうして球界を引退した宮本大輔は
海原やすよの父が経営するちゃんこ屋「unabara」で修行をし
その後は大阪府の心斎橋で創作料理ミヤモトを経営しています。

■おわりに

宮本大輔の難病に続き
海原やすよも脳の動脈瘤となると心配ですね…。

幸い発見も早かったようですし
退院も2017年1月中旬ごろと早めですので
大事無ければよいのですけれど…。

2017年1月31日追記

予定通り2017年1月中旬に退院をしており
近く復帰との予定を30日に明かしました。

19:00追記

1月10日に退院をし
1月31日のロケで仕事に復帰をしたようです。

追記終わり

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA