川上憲伸が引退。現在まで復帰を目指していたものの…嫁はハーフ一般女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中日を退団してリハビリを続けて
現役復帰を目指していた川上憲伸
引退することを発表しました。

今回はそんな川上憲伸の
引退から現在までの経緯とハーフである嫁の
ミナ・パターソンさんについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■川上憲伸の引退の経緯

川上憲伸は1997年に中日ドラゴンズへ逆指名して入団。
1998年には新人王に選出をされ
2008年にはメジャーリーグへの挑戦をし
2009年からアトランタ・ブレーブスと3年契約。

2009年シーズン終了時には
右肩に違和感があり、
2011年には無理が重なってしまい
右肩痛に悩まされており完治を優先。

2012年には中日に復帰をしますが
2013年には右肩痛が再発をし、

シーズン後半から一軍合流となってしまい
シーズン終盤には戦力外を告げられ
引退してプロゴルファー転向も視野に入れていたという。
しかし谷繁元信監督の意向で再契約。

2014年の成績も不振であったもいのの
球団は川上憲伸との契約を更新。

2015年には右肩の腱板を痛めて登板の機会がなく
2015年9月に右太ももの筋膜を
右肩の棘上筋に移植する手術を受けますが
戦力構想から外れたために中日から退団。

退団後は上記手術のリハビリをしながら
4度目の中日入団を目指して
トライアウトには参加をせず
現在まで現役復帰に向けてリハビリを行っていました。

しかし川上憲伸はケジメをつけるために
2017年3月18日に現役引退を表明しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■川上憲伸の嫁について

川上憲伸が結婚をしていたことが
発覚したのは2012年2月8日。

川上憲伸の嫁は2012年2月8日時点で29歳の
一般女性のミナ・パターソンさん。

ブレーブス入団後に
知人に招待されたパーティーでで出会い
2011年末に結婚をしていました。

父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフで
元英語講師の語学堪能なスレンダーな女性とのことです。

■おわりに

川上憲伸は2015年に中日を退団した後に
引退が怖いと語っており
現在までリハビリを続け復帰を目指していました。

引退試合を見てみたかった気もしますが
肩がそこまで回復しなかったために
出来なかったということなのでしょうか。

中日退団後は野球評論家としても活動をしていますし
2013年に中日から戦力外通告をされた時に
コーチへの就任を打診もされていますし

川上憲伸は現役を引退しても
野球に関わる道はいくらでもありそう。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA