河井克行に再び文春!上級無罪?広島県警見逃し疑惑

ニュース

文春砲の発動により初入閣した河井克行、菅原一秀が大臣辞任。あくまでも大臣を辞任しただけであり議員としては活動を続けています。しかし文春が更に追撃を加えたという結果に。河井克行は本人及び嫁の疑惑が出た直後に大臣辞任。

ここで文春は満足して終わったのかと思いきや追撃、広島県警が河井克行の速度超過を見逃したという報道が…。しかも文春曰く「証拠LINEがある」とのことで…。今回は河井克行に再び文春がスキャンダルを報じたことについてみてみましょう。 

 

河井克行に再び文春砲でスキャンダル

出典:河井克行ツイッター

河井克行は2019年11月6日の文春オンラインにて、法相であった時にスピード違反を秘書にさせていたと報じられました。

文春によると2019年10月5日、12時から始まる北広島町でのイベントのために高速道路を走行。河井克行は80キロ制限の高速道路を140キロで走行させたとのこと。実に60キロオーバーの速度超過。河井克行の車には広島県警が警護についており、車を追いかけはしたものの検挙せず。

その結果、文春によるとイベントが始まった2019年10月5日12時に河井克行に事務所スタッフが以下のようなLINEを送ったとのこと。

県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました。

文春の記者が広島県警に「河井克行のスピード違反を見逃したか」と言った内容を聞くと個別回答はしていないと答えたものの、一般論として「警護対象者が法定速度を上回った場合は是正を促すこともある」などとコメント。 

河井克行が本当に秘書への速度超過を示唆したとならば河井克行に問題があり、広島県警も速度超過を見逃していたのならそちらにも問題が。

 

河井克行は嫁の参院選の文春砲で河井克行本人が大臣辞任

河井克行の嫁である河井あんりは2019年7月の参院選で初当選。しかし2019年10月30日の文春オンラインでは、河井あんりはウグイス嬢を、高背よく選挙法で定められた日当のオヨソ2倍を支払った疑いがあると報じます。

しかもウグイス嬢への領収書は2枚に分けられており、「知らなかった」とは考えづらい状況。仮に知らなかったとしても立場的に許されることではありませんが。

このことで河井あんりは「事実関係の把握に努めた上で説明責任を果たしていきたい」とコメントをしていますが河井克行本人が文春に報じられた翌日、10月31日に法相を辞任。

文春に報じられたスキャンダルについては河井克行も嫁も関与していないとしつつも、調査を行う間の信頼低下は避けられないという理由で辞任。また、河井あんりは2019年10月20日のツイートを最後に現在もツイートをしていません。少なくともツイッターで説明責任を果たすという考えは無いようです。 

 

大臣の辞任に関しての菅官房長官、安倍晋三首相の反応

2019年9月の内蔵改革で初入閣した大臣二人がすでに辞任。このことで野党は与党を厳しく追求しています。特に今回辞任した二人は菅官房長官にとって側近でもあるとされていたため、河井克行らについては以下のようにコメント。

「閣僚の任命は首相の専権事項」
「私からそのような発言はしていない」

また安倍晋三首相も二人の大臣の辞任に「任命責任を痛感」とコメント。そのことに関して日本維新の会の浦野靖人は「国民の信を問うべき」と解散総選挙をすべきだと言及。このことについて安倍晋三首相は以下のように語っています。

「それぞれの行政分野で課題に結果を出していくことで国民の信頼回復に努めていきたい」
「今は夏の参院選挙で約束した製作の実現に専念すべきだと考えている」

   

河井克行の文春砲第二弾についてのネットの反応

河井克行には文春砲が2週間連続。菅原一秀のときは3週間連続で報じた後に辞任。そう考えると河井克行にも文春砲の3つ目がまだ残っている可能性も…?

しかし菅原一秀の時もそうですが、自分であったり同じような立場の人物がスキャンダルを報じられている時に問題行動の証拠を握られるとは…。河井克行の文春砲についてのネットの反応は以下の通りとなります。

  • 2週間連続とか河井夫妻はもう終わりじゃ…
  • まだまだ問題出てきそうだな
  • 大臣辞任だけで住むの?そもそも議員としてどうなの?
  • 大臣やら警護対象はスピード違反しても注意で終わることがあるのか…
  • さすが上級国民、色々と違うわ
  • こんな事がまかり通ったら庶民は不満爆発するわ
  • これって河井克行だけじゃなくて他の大臣もやばそうだな
  • あっさり辞任したのはこの話を隠したかったからなの?

今回の河井克行のスピード違反見逃し疑惑について問題なのは、広島県警だけの特殊な事情であるのか。それとも全国各地で同じように見逃されているのか。高速道路でしたら一般の人の目撃情報もありそうですが…。

奇しくも2019年11月6日には「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の候補が発表。この時に「上級国民」がノミネートされていますが、今回の件もまさに上級国民っぷりを見せつける結果に。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました