ASKAは現在ついに逮捕…。自ら通報をしたがブログでは反論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ASKAが逮捕されてしまいました。
2014年に逮捕され、執行猶予中でありましたので
今回の逮捕により実刑判決である確率はとても高いものとなります。

今回はASKAのこれまでと現在
そして今後どうなるかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ASKAのこれまでの経緯

まずは2016年11月のASKA逮捕よりも前の
2014年のASKAの逮捕についてみてみましょう。

2014年5月17日:ASKAが知人宅で薬を所持していたとして逮捕。
2014年5月19日:所属事務所が契約解除。
2014年5月27日:薬の使用容疑で再逮捕。
2014年6月17日:薬の所持容疑で三度目の逮捕。

2014年7月03日:保釈が認められる。
2014年8月28日:初公判。懲役三年の求刑。
2014年9月12日:東京地裁で懲役3年執行猶予4年の有罪判決。

それでは次に今回、現在進行中の
2016年11月の逮捕についてみてみましょう。

2016年11月25日:ASKAが自ら盗撮されていると110番通報。
言動に不審な点があり、簡易な尿検査をする。
2016年11月28日:尿検査の本鑑定で薬の陽性反応。逮捕状請求。
ASKAはブログで完全に否定をする。

 

【スポンサーリンク】

 

■ASKAの精神状態について

ASKAは実は芸能リポーターの
井上公造とたまに電話で話をしていたといいます。
その時のやり取りが以下の通り。

2015年12月初旬:ASKAが自分のパソコンが盗聴されていて
普通のやり取りが出来なくて困っているという。
その時ASKAのろれつは回っていなかった。

2016年1月:ASKAが「家族に騙された」
「僕には自由がありません」と公衆電話から連絡。
その後「やっと自由になりました。佐賀の病院にいます。
ただ、ぼくの電話は盗聴されているので気をつけて下さい」と語る。

上記のやりとりが真実であるとしたら
かなり精神的には不安定と見られますね…。

ただし、このことに関してはASKAは
ブログで以下のように反論をしています。

「人が、信じられなくなってる。」
なんて、電話はしてませんよ。

Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、
インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。
幻聴、幻覚など、まったくありません。

■ASKAのブログについて

ASKAは新アルバムが完成間近でした。
ASKAが盗撮、盗聴されていると自ら通報した
2016年11月25日にはブログに以下のように書いています。

CDにするためには「ISRCコード」を
ディスクの最初に記録しなくてはならないそうなのです。
これは、権利、著作権のためのコードなので必ず、
必要なものなのです。
(中略)
その「ISRCコード」は、リリース日が設定されていないと、
記録することはできないのだそうです。

なので、今日、決定するのか、明日決定するのか、明後日なのか・・・。
それが決まってから、福岡に飛びます。
リリースは、おそらく、1月の下旬になると思います。

こうするとこのISRCコードを忘れたことについて
急に不安になってしまい
盗撮や盗聴をされているせいでは、と考え
ASKA自ら通報をしたということなのでしょうか。

また、逮捕報道が出た2016年11月28日には
自分のブログにて否定をしています。

「詳しくは、書けませんが、
先日、僕の方から被害届けを出したのです」

陽性は、ありません。
100%ありません

もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。
これは、マスコミのフライングです。
今は、これしかお伝えすることはありません。

また、ASKAは2016年1月に集団ストーカーを受けているのでは、
というような文章をブログにアップしていました。
そのことで薬の後遺症と判断されて
医療保護入院をさせられていたと2016年7月18日に語っています。

■おわりに

現在のASKAの状況はかなり悪いものとなっています。
2014年の際の執行猶予中に逮捕されたために

今回の逮捕では執行猶予は望めなく、
前回の執行猶予が取り消され、2016年の分の罪と
あわせて服役しなければならなくなってしまいます。

現在はブログでも否定をしていますし
今後どうなるかはまだ様子を見なければいけませんが…。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA