大沢あかねと劇団ひとりの馴れ初め!キス我慢などやらかしていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大沢あかねと劇団ひとりの間に第二子が誕生!
長女は千花(せんか)、第二子の長男は咲也(さくや)という名前。

一姫二太郎で、まさに理想的といえますね。
それでは今回は大沢あかねと劇団ひとりの馴れ初め
そしてキス我慢でのやらかしについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大沢あかねと劇団ひとりの馴れ初め

実は第一印象は悪いという。
その理由としてはバラエティ番組で

劇団ひとりが滝川クリステルが好きと発言したら
お前は滝川クリステルとは結婚できないと言われ
近くに大沢あかねがいたために
僕は大沢あかねレベルですかね、と言ってのけた。

そのようなことがあったために
大沢あかねの劇団ひとりに対する印象は最悪という。
そりゃあ自尊心傷つきますよね。

そんな第一印象はよろしいとは言いがたい二人ですが
馴れ初めはというと、じつはガレッジセールの
川田広樹主宰のモツ鍋会で重接近

第一印象は悪かったものの、
話してるうちに他の女性と親しくしている劇団ひとりに
大沢あかねが嫉妬。

交際前のデートは大沢あかねから。
しかし交際の申し込みは劇団ひとりから。

ちなみに交際前のデートはマザー牧場。
しかし中学生に見つかり、30人近くに囲まれてしまったという。
そしてその時に中学生の一人が「マスコミに言うぞ!」と発言。
そしてどうやらマスコミに本当に言ったという。

そしてそのことがきっかけで熱愛という記事になり
大沢あかねと劇団ひとりでマスコミ対応の話し合いなどが持たれ
それがきっかけで交際の話になりました。

そのため、劇団ひとりはその中学生に感謝しています。
もしかしたらガレッジセールの川田広樹よりも感謝しているのかも。
なにせ、その中学生に
幸せを1番伝えたいとまで言うぐらいですから。

そして劇団ひとりは次に交際する相手と結婚する、と決めていたので
交際の申し込み=結婚の申し込みに近かったという。
 

【スポンサーリンク】

 

■劇団ひとりがやらかした!キス我慢とは

ゴッドタンという番組の一つに
キス我慢選手権というものがあります。

これはセクシー女優が参加者、この場合は
劇団ひとりに対してあらゆる手段で誘惑し、
キスを迫ってくるのを我慢し耐え忍ぶというコーナー。

そして劇団ひとりはセクシー女優とは
何故かアドリブ合戦になるという
趣旨がちょっと変わる謎の企画になっていました。

そして第三回目では演技に熱が入り、
セクシー女優のみひろのことを
行使していた大沢あかねと勘違いしてしまい
「あかね」と思わず言ってしまったことが。

これはその放送時はまだ結婚しておらず
交際中だったためオンエアされず
結婚した後にキス我慢の時にあかね、と
言い間違えた映像が「劇団ひとり ひどいじゃない裁判」にて
解禁されました。

■おわりに

こうみるとキス我慢は
生放送じゃなくてよかったんだなぁと思います。

しかし大沢あかねはキス我慢についてどう思ってるんだろう。
番組の内容的には妻の大沢あかねにとっては
嬉しくないですよねえ。

自分の名前と言い間違えるのも
なんか複雑な心境な気がしますよね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ひろみ より:

    子供さん、一姫二太郎だったんですか?
    子供さんふたりだと思ってました、三人いらっしゃるんですね。
    女の子がひとりと、男の子がふたり、
    本当に理想的ですね

コメントを残す

*

CAPTCHA