浅野史郎の病気は急性白血病だった。高須院長に激怒されたが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元宮城県知事の浅野史郎
急性白血病という病気で余命宣告を受けたものの
経過は良好で、むしろこの病気になって
得るものばかりだと公言をしています。

しかしそんな浅野史郎が高須院長の怒りを買ってしまい…。
今回は浅野史郎が急性白血病という病気と
どのように向き合ったか、
そして高須院長になぜ激怒されたかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■浅野史郎について

名前:浅野史郎(あさの しろう)
生年月日:1948年2月8日
出身:岩手県大船渡市

浅野史郎は岩手県大船渡市で生まれ
宮城県仙台市出身。

東京大学法学部卒業後の1970年に厚生省に入省し
1987年には障害福祉課長に。

1993年11月に厚生省を退職して
宮城県知事選挙に出馬し当選。
2005年11月に任期終了で知事職を勇退します。

以降は宮城県社会福祉協議会会長や
東北大学客員教授、社団法人
日本フィランソロピー協会会長などを務め

慶應義塾大学の総合政策学部教授として
教鞭もとっており、
テレビにコメンテーターとしても出演。
 

【スポンサーリンク】

 

■浅野史郎と急性白血病という病気との関係

浅野史郎が難治性の成人T細胞白血病の
ウィルスを保有しているとわかったのは
宮城県知事であった2005年ごろ。

献血をした際に発覚しましたが
発症率は3~5%と低く、感染から発症まで40-60年以上。
三ヶ月に一度検診を受けていましたが

2009年5月末に浅野史郎は
急性白血病と診断をされ、余命は11ヶ月と宣告。
完治を目指して2009年10月にミニ移植と呼ばれる
骨髄移植をしています。

そうして浅野史郎は
この病気なって得るものばかりだったと公言。

浅野史郎は病気を通じて情報とは何か、
信頼とは何かを学び、
そして情報の不足している病気でも
実際に治っている人がいると知るだけで
他の患者に勇気を与えることが出来ると語っています。

■浅野史郎が高須院長に激怒される

現在高須院長は国会で
大西健介衆院議員の発言で
名誉を傷つけられたとして損害賠償と謝罪広告を求めています。

その一連の件のVTRを見た浅野史郎は
「ミヤネ屋」で以下のように発言。

これは名誉毀損で訴えたんでしょ。
名誉毀損は事実と違うことを提示して名誉毀損するんだけど

国会で言ったかは別として、
普通の場で言ったとしても真実を言ったんです。
あったとしてもこの正直者!と怒るようなものですよ。

このことに高須院長は激怒し
以下のようにツイートをしています。

■おわりに

高須院長は東日本大震災で被災した宮城県に
支援活動を継続的に行っているんですよね。

お風呂を三台設置したり、
医療ボランティアとして
創傷形成手術セットと志願した
赤坂高須クリニック生え抜きのオペナースをつれて
バスで向かっていたり。

更には義援金を日本赤十字社を通して送ってもいます。
ちなみにミヤネ屋のスポンサーでもあったりします。

元宮城県知事という立場の浅野史郎の
高須院長への発言はいろいろな意味で
激怒されても仕方ないですよね…。

2017年7月26日16:00追記

浅野史郎の発言があった15:40ごろに
アナウンサーらが謝罪。
これはどうなんだろうと思いましたが
高須院長はそれで良しとしたようです。

追記おわり

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA