綿矢りさは夫と結婚、そして出産で現在は気負いもなくなっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞して
一躍有名となった綿矢りさ

現在は夫と結婚をして出産をし
作品に対する立ち位置も変わったようです。

今回は綿矢りさについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■綿矢りさについて

名前:綿矢りさ(わたや りさ)
本名:山田梨沙(やまだ りさ)
生年月日:1984年2月1日
出身:京都府

2001年の高校在学中に綿矢りさは
「インストール」で第38回文藝賞を受賞。

2002年には上記作品で
第15回三島由紀夫賞候補。

2003年の早稲田大学在学中に
「蹴りたい背中」で
第25回野間文芸新人賞候補となり
2004年には第130回芥川賞を受賞。

父親は服飾関係の会社に務めるサラリーマンで
母親は大学で英語を教えていました。

母親は職業がら細かく丁寧に読むため
主語がおかしかったり

登場人物の喋り方がおかしい場合は
容赦なくダメ出しをして
母親の指摘を作品に反映することもあるという。
 

【スポンサーリンク】

 

■綿矢りさと夫の結婚

綿矢りさは2014年12月30日に
所属事務所のホームページ上で
2歳年下のキャリア官僚の夫と
結婚したことを報告しています。

出会いは2009年の夏ごろに
小説の設定のために取材先を探していた所
出版社から紹介されて、
当時大学院生の夫と知り合います。

そうして2015年冬に綿矢りさは子供を出産。
創作の時間はなかなか取れなくなったため
子供が寝ている間に創作をしている状態という。

そのため短編小説ならまだしも
長編小説を書く時間は暫くないと語っています。

作家は在宅の仕事のため
保育園に子供を入れようと思っても
なかなか難しいようです。

■おわりに

綿矢りさが書く主人公は、
今までは暴走して反省し
何かを学んで成長するという書き方でしたが

夫と結婚してからはそういうのではなく、
今は色んな人がいるため
どんな人がいても良い、ということで
創作が自由になったと語っています。

実は綿矢りさは華々しいデビューをした後から
夫と出会う前までは大失恋をして
その時に、全く別の人間同士は分かり合えないということを
はっきりとわかったと言っています。

この時のショックは仕事にも影響して、
気分転換に百貨店で服を売ったり

ホテルで給仕係をしたり
さらにはセレクトショップで働いたりとしていて
作品を発表していない期間があるのはそのため。

そして丁度夫と出会った時期に
四作目である「勝手にふるえてろ」を発表。
こうみると綿矢りさは恋愛や生活の充実が
作家としての原動力になるタイプなのかもしれません。

そうすると夫との子供を出産したことで
創作活動に時間は取れないものの
その問題点をクリアした場合の
次回作がどうなるかが楽しみ。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA