橋田壽賀子が現在は熱海自宅で終活。夫を29年前になくし…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年9月現在93歳の
脚本家である橋田壽賀子

1966年に結婚をした
当時TBSプロデューサーの夫が
1989年に肺がんでなくなり、
現在は熱海自宅にて終活をしています。

橋田壽賀子が現在終活をしている理由は
天涯孤独であり、
周りに迷惑をかけたくないため。

今回は橋田壽賀子が現在は
熱海自宅で終活を
していることについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■橋田壽賀子は楽になりたいと…

橋田壽賀子は2016年12月号で
自らの意思で楽になりたいと明言。

その理由については橋田壽賀子は
前述のように夫と結婚をしていますが
その夫もすでになくなっており、
子供もおらず天涯孤独。

そのためできるだけ
生きていてほしいと家族から
望まれることがないと
感じているとのこと。

そして仕事も「おしん」
「渡る世間は鬼ばかり」の脚本など
もう十分すぎるほどしており
やり残すことも、思いを残す相手も
いないと橋田壽賀子本人が語っています。

そして現在はまだ橋田壽賀子は
自分で生活が出来ているものの
足腰が立たなくなり、

好きなことが出来ず
認知症になってしまうのが嫌で
自分の意思で楽になりたいという思いが
強くなったと語っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■しかし2018年にはそれも諦めていた

橋田壽賀子が自らの意思で
楽になりたいと
考えはじめたのは88歳頃。

自分の体がしぼんできて
限界が近いことを実感。

それまでは元気でいようと
週に3回トレーニングをしたり
医者にいったりもしているものの
それも限界になったら
自らの意思で楽にさせてくれる
仕組みがあると良いと橋田壽賀子は
考えていました。

しかし現在のの日本では
法制化については反対意見が多く、
何か発言をすると以下のような反応が
きたことを明かしています。

「生きる希望を持ちなさい」
「他の人にまで強制することに
なりかねない」

そのため本当は諦めてはいないものの
現実問題として無理そうであるため
表立って発言はしないとの事。
 

【スポンサーリンク】

 

■熱海自宅で終活を

橋田壽賀子の熱海自宅は
天気の良い日は房総半島まで
見渡すことが出来る場所。

2017年11月15日には
「おじゃMAP!!」にて
橋田壽賀子の熱海自宅が
紹介されています。

また、実は橋田壽賀子が
熱海自宅にいることで
実は「渡る世間は鬼ばかり」の
主役の泉ピン子も熱海に移住。

2010年に熱海にマンションを購入し
仕事には熱海から
新幹線で通っていると
報じられていました。

そして橋田壽賀子は現在
前述のように88歳から
急激に体力が落ちたことや
ママと呼んで慕ってくれる泉ピン子から

「ママはもうじゅうぶん
年をとってるんだよ」と
いわれたことをきっかけに終活開始。

本などはほとんど熱海の図書館に寄贈し
資料としてとっておいた
新聞なども全て処分。

メガネについては発展途上国に
メガネを送る団体に寄付。
ハンドバッグも100個以上
リサイクルショップに持っていき処分。

また、そのように橋田壽賀子の
終活は物品だけではなく、
なくなった後についても
以下のようにするように語っています。

■葬式不要
■戒名不要

■成年後見人も
顧問弁護士に依頼済みで
財産の管理処分も一任。

■なくなっても公表しない
■偲ぶ会やお別れの会も不要

ちなみに理由としては
葬式などは残された家族のためのものであり
家族のいない橋田壽賀子の葬式は
義理で来る人ばかりだから
やらないほうが良いと
考えているためとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■橋田壽賀子の夫と母親

橋田壽賀子が結婚した夫は
TBSプロデューサーの岩崎嘉一。

橋田壽賀子が結婚をしたときは
「俺がいるときは
原稿用紙を広げるな」という約束を
夫としていたとのこと。

ちなみに当時橋田壽賀子は
41歳で夫は37歳。
夫の親は年上はだめだと
語っていたため、

橋田壽賀子は年齢を4歳サバ読みし
女子大出身と言い張っていたという。

夫は次男であったために
嫁姑の苦労は無いと思っていたものの、
実は夫は母親大好き。

当時は静岡県沼津の
夫の実家近くに家を建てて
そのときに義母がご飯を食べ
「薄味で食べられない」
と言われたので

「塩分は控えめにしています」と答えると
「壽賀子さんは口答えする」と
夫のきょうだいにいわれていたという。

そして夫の妹から、
「姑が白い豆を黒と言ったら
黒だと思って黙って聞きなさい」
とまでいわれ、その事に
驚いたという。

その経験が脚本を書くのに
プラスになったとも
橋田壽賀子は語っています。

ちなみに姑から
「壽賀子はうちの墓にはいれない」
と生前はっきりいわれていたり。

■おわりに

橋田壽賀子の夫は肺がんでなくなり
転移が進んでいたため病名を告げず。
その時に橋田壽賀子は
NHK大河ドラマ「春日局」を執筆中。

降板しようと思っていたものの
橋田壽賀子の夫が
楽しみにしていたので
書き続けたとのこと。

橋田壽賀子はおよそ4年前まで
ヘビースモーカーであったものの、
唯一の趣味である
船での世界一周旅行で利用をしている

豪華客船「飛鳥II」が
禁煙になったのをきっかけに
タバコ早めたとのこと。

橋田壽賀子はそのようなこともあり
元気は更に元気に
なっているのかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください