上地雄輔に子供が生まれ父親に。結婚した嫁との関係が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

俳優としてデビューした後に
おバカタレントとして
再ブレイクを果たした上地雄輔

結婚した長い付き合いの
嫁との間についに子供が生まれ
父親になりました。

今回は上地雄輔の嫁と
結婚についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■上地雄輔について

名前:上地雄輔(かみじ ゆうすけ)
生年月日:1979年4月18日
出身:神奈川県横須賀市

上地雄輔は1999年に俳優としてデビューし
2007年には
おバカタレントとして再ブレイク。

2008年には音楽ユニット
「羞恥心」のメンバーとして活動し
遊助名義で自らが作詞した「ひまわり」で
ソロデビューも果たしています。

■上地雄輔の結婚した嫁について

上地雄輔が結婚したのは2015年8月22日。
お相手は地元の同級生であり
以前は田舎に住んでOLをしていた普通の人。

15,6歳の時に出会って
交際と破局を繰り返したものの
唐突に「結婚しよう」
と思って結婚に至ったという。

実は嫁が高校時代に
アルバイトでもらった
初めての給与明細に上地雄輔は
「絶対お前と結婚するからな」
と書いていたそう。

その後上地雄輔と嫁は
破局と交際を繰り返したものの、
およそ20年後には
見事にその言葉を果たして
嫁と結婚となりました。
 

【スポンサーリンク】

 

■上地雄輔の子供

上地雄輔の嫁が妊娠したのが
発覚したのは2016年10月。
その時点で嫁は妊娠七ヶ月であり、
子供が生まれたのは2017年1月7日。

上地雄輔は高校では野球部であり
松坂大輔とバッテリーを組んでいたのもあり
子供とキャッチボールを
するのが夢というほど。

将来的に子供は9人欲しい。
少年野球チームを息子だけで
作りたいとまで言っており
子供が生まれて喜びを露わにしています。

■おわりに

上地雄輔の2015年12月12日に
行われた結婚式は超豪華であり
参加者は明石家さんま、マツコ・デラックス、

島崎和歌子、松坂大輔や斎藤工、
藤原紀香や観月ありさ、
久本雅美、西川史子などなど
凄いメンツであったという。

役者、タレント、アーティストと
様々な顔を持ち
憎めないキャラなので凄いメンツが
集まったということなんでしょうね。
上地雄輔の子供誕生のお祝いも
凄いことになりそう…!?

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA