大渕愛子が子供3人目を妊娠。旦那金山一彦との子供にヘルメット治療

行列のできる法律相談所に
レギュラーとして活動をしていた
大渕愛子弁護士。

旦那金山一彦との間に
生まれた長男については
小さいことが悩みであり
次男については頭の左側が
絶壁であることが少々悩み。

長男は成長ホルモンを検討したり
次男はヘルメット治療をしたりと
子育てに苦心している様子が伺えます。

そんな大渕愛子弁護士が
旦那金山一彦との間に
3人目の子供を妊娠したよう。

今回は大渕愛子と
旦那金山一彦との結婚と子供の妊娠、
子供たちへの悩みなどについて
みてみましょう。


 

■大渕愛子と旦那金山一彦の結婚

大渕愛子と旦那金山一彦は
2014年1月の「踊る踊る!さんま御殿!!」
での共演がきっかけで交際開始。

2014年2月から交際が発覚し
大渕愛子の誕生日、
2014年8月12日に結婚。

2014年8月24日の
「行列のできる法律相談所」の
生放送にて結婚が発表されました。

■子供は現在3人目を妊娠

そして大渕愛子は旦那の
金山一彦との間に現在3人目を
妊娠中であるとブログにて報告。

子供の妊娠、出産については
以下のような形となっています。

■2015年3月26日
長男の侑生(ゆうせい)出産
■2016年12月6日
次男の昂生(こうせい)出産
■2018年4月24日
第三子妊娠

大渕愛子は現在第三子を
妊娠しており、
自然妊娠であり
2018年9月頃出産予定。

現在はつわりもなく体調は良好で
2018年8月頃に産休を取り
11月頃に復帰の体であるとしています。
 

■大渕愛子は子供を心配してヘルメット治療も

現在第三子を妊娠している
大渕愛子ですが
次男についてはブログにて
度々心配していることを
記述しています。

大渕愛子の次男は
妊婦検診の時に
児頭骨盤不均衡と診断され

物理的に次男の頭が
母体の骨盤を通過できない状態で
帝王切開で出産。

そして2017年5月20日に
大渕愛子は次男の頭の半分、
左側が絶壁になっていることが気になり

頭の形外来に行くと
病気ではないものの、
治りにくいことが判明。

頭蓋形状誘導ヘルメットという、
オーダーメイドのヘルメットを使い
お風呂の時以外つける治療を選択。

2017年11月22日には
無事にヘルメット治療が
官僚しています。
 

■長男が小さいことを心配

そしてそのヘルメット治療中に
大渕愛子は、今度は長男が
比較的小さいことを心配。

2017年10月25日のブログにて
次男の10ヶ月検診の結果と
長男の2017年9月の記録を
比較すると以下のように
なっていることに気づきます。

■次男
体重:9.145kg
身長:73.9cm

■長男
体重:10.5kg
身長:81.5cm

長男は成長曲線のギリギリ下
もしくは少し下回るぐらいと
比較的小さいことが明らかに。

そのためその後ブログで
大渕愛子は成長ホルモン療法を検討。

とはいえ成長ホルモン療法については
慎重に考えているようで
2018年2月15日のブログでも

これから伸び率を見て
成長ホルモン分泌が
正常かどうかの試験をする必要が
あるかどうかも見ていくという、
経過観察状態であると明かしています。

■おわりに

大渕愛子は2016年8月から
テレビ出演を自粛中。

大渕愛子が出演していた
「行列のできる法律相談所」の
弁護士軍団の席が4つあり、
大渕愛子がいた1つだけは
ずっと空席でしたが

2017年4月23日放送からは
空席が削除され席自体が3つに。
こうなるともう大渕愛子の
「行列」復帰はなさそう。

とはいえ3人目の子供を
妊娠している現在を考えると
子供のことを第一に考えるのなら
結果的にはそれで
良かったのかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました