杉浦太陽が離婚危機告白。本人は2回も辻希美は10回と言及

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

杉浦太陽が「ダウンタウンなう」にて
辻希美と2回の離婚危機が
あったことを告白しました。

とはいえ辻希美本人は
離婚を考えた事は
10回ぐらいと告白。

今回は杉浦太陽が語った
離婚危機の告白について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■離婚危機をテレビ初告白

杉浦太陽が辻希美と過去に
2回ほど離婚危機が
あったと告白したのは
2018年6月8日放送の
「ダウンタウンなう」にて。

杉浦太陽によると
離婚危機は結婚3年目と
結婚5年目にあったと語っています。
離婚危機になった原因は
端的に書くと以下の通り。

結婚三年目:人気格差で距離感
結婚五年目:育児ストレス

お互いが人気ブロガーであり
離婚危機などについては
ほとんど語っていなかった
杉浦太陽と辻希美夫婦。

2回も離婚危機があったと
杉浦太陽が認識しているのは
少々意外なところもあります。

■一度目の離婚危機

一度目の離婚危機は人気格差による
辻希美から杉浦太陽への距離感。

杉浦太陽が当初ブログを始めると
アクセス数は200-300万程度であり
その後辻希美がブログを開設すると
1000万オーバー。

そして辻希美は
ヘキサゴンファミリーとしても
メディアに出演する機会が
増えて再ブレイク。

そうすると杉浦太陽が街に出て
今までは「太陽くん」と
言われていたものの
「辻希美の旦那」という認識に。

そのような外の空気が家庭内にも
伝わってしまったのか
今までの呼び名が
杉浦太陽は辻希美を「のんたん」
辻希美は杉浦太陽を「たぁくん」と
呼んでいたのに「たぁ」に。

最終的には「ねぇ」と名前を
呼ばれなくなり危機感を感じ、
二人でいるときも会話が
なくなっていたという。

これはまずいと杉浦太陽は感じ、
交際のアプローチは
辻希美がしてくれたのだから
今度は杉浦太陽が振り向かせようと
夫婦だけで京都旅行に行くなど

様々なことをして
呼び名が「たぁ」、
そして「たぁくん」に
戻ったのだという。

ちなみにこのことについては
2017年12月4日号のAERAにて告白。

結婚当初のように夫婦でハグなど
スキンシップをするルールを
取り決めたとしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■二度目の離婚危機

二度目の離婚危機は
結婚5年目、育児ストレスで。

杉浦太陽は旅番組のレギュラーとなり
週の半分は家に居ない状態に。
そのためまた距離感が開いて大喧嘩。

杉浦太陽が家でをして
寮生活をしている
マネージャーと共に生活。

喧嘩して家出していた時期なので
お互いのブログに
写っていないことを
告白しました。

そして家でをしてしばらく経ってから
杉浦太陽が辻希美に
「会って話がしたい」と切り出し
辻希美も寂しかったとして仲直り。
ちなみにこの期間1周間である。

「ダウンタウンなう」共演者の
坂上忍などからは
「3-4ヶ月だと思った」など
結局ノロケなんじゃないかと
突っ込まれていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■辻希美が電話で…

そして番組中に辻希美が
電話に出て様々なことを語りました。

杉浦太陽は離婚危機を
2回と認識していましたが
辻希美は離婚危機については
10回ぐらいだと認識。

今は本当に不満がないとし
「本当によく動いてくれる」
という表現をしています。

また、2018年6月7日
東京都内で行われたイベントで
杉浦太陽は以下のように
語っています。

「家では妻のサポーター」
「助手のような感じ」

「妻が『じゃがいも剥け』
って言ったら剥く」
「『掃除して』と言ったらする」

本当によく動いてくれるとは
具体的にはこういうこと
なのでしょうか。

■おわりに

また、杉浦太陽は
辻希美が18歳の頃に
友人の家で出会って
その日のうちに辻希美から
交際を申し込んできたものの

辻希美は当時18歳だったので
杉浦太陽は交際は断ったものの
3日後に再び告白。

「友人として」と
杉浦太陽が言っても
その翌週に再び告白と
交際まではそのように
辻希美の猛アピール。

辻希美は好き嫌いが
「0か100」であると
杉浦太陽も辻希美本人も語っていて
そのエピソードを見ると
まさにそのとおり。

しかし辻希美は離婚危機について
10回ぐらいと語っているので
その内情もいつか告白してもらいたい所。

杉浦太陽が語った
二回目の離婚危機のように
実質ノロケに近いのかもですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.