YOSHIKIが倒れ休養が必要と言われる。頚椎手術から成功して5ヶ月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヨーロッパ各地を訪問中である
X JAPANのYOSHIKIが倒れてしまいます。

その結果休養が必要であるとされ
アイスランドでは出演が
キャンセルとなっていることを
YOSHIKI自らが明かしました。

2017年5月には頚椎手術をしていますが
無理がたたってしまったのかもしれません。
今回はYOSHIKIが倒れて
休養が必要になった事についてと
過去の頚椎手術などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■YOSHIKIが倒れた経緯

At a radio station in #Stockholm, I found my friend’s poster @marilynmanson ! @rockklassiker

A post shared by Yoshiki (@yoshikiofficial) on

YOSHIKIは2017年1月26日には
重大発表と称して
X JAPANのドキュメンタリー映画である
「WE ARE X」の日本公開日が
2017年3月3日であることを発表。

そしてYOSHIKIは現在も
映画のプレミアムイベントツアーとして
10ヶ国11都市を回っている最中。

その途中で倒れてしまい
アイスランドでの出演が
キャンセルとなったことを伝えています。

YOSHIKIは2017年10月24日に
パリでのイベントが控えているため
休養をして回復に務める予定であるとのことで

2017年10月22日18:07頃には
現在は大丈夫になったと
インスタとツイッターでは語ってもいます。

I'm ok. I'm in London. Again, I'm so sorry, Iceland. I'll be in Paris on the 24th.

A post shared by Yoshiki (@yoshikiofficial) on

 

【スポンサーリンク】

 

■頚椎手術は何回か

YOSHIKIは激しいヘッドバンキングを
デビュー当時していたために
首や頚椎を痛めてしまい

持病として頚椎椎間板ヘルニアや
神経循環無力症があります。

そうして2009年5月には左手の感覚がなくなり
7月には手にしびれの症状も発生したために
頚椎椎間孔切除の手術を行っています。

2009年8月には手術について語り、
手術は成功したものの
回復しても80%ぐらいのドラムであるとし、
経過状況によっては3年以内に
再手術が必要の恐れもあるとしていました。

■YOSHIKIが再度頚椎の手術へ

2009年に頚椎の手術をしたYOSHIKIですが
2017年5月10日には首の手術をすると発表。

今回の手術は人口の椎間板(ついかんばん)を
頸椎と頸椎の間に入れる、人工椎間板置換手術。
2017年5月17日には無事に成功。

本来は入院が望ましいものの、
YOSHIKIは手術後には
意識が朦朧とした状態ながらも

レコーディングがしたいと医師に直談判をし
退院してそのままスタジオに行っています。

とはいえさすがに30分ほどで
同行していたスタッフや
ナースが説得して自宅で静養。

今後の活動については術後の
回復状況を見ながら判断するとされていました。

■おわりに

YOSHIKIは2017年6月20日には
都内で記者会見を開いています。
そこでは頚椎手術は成功したものの
現在もとても痛いとし、

右半分は首を絞められている感じで
左手はしびれっぱなしだとしています。
そして医者からは半年間の激しい運動の
禁止を命じられていることを語りました。

世界各国の移動はやはり
負担になってしまっていたのでしょうか。

24日のパリでのイベントは
大丈夫であると語っていますが
休養をもう少しきちんと取っても良いような。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA