野原康佑の顔画像やFacebookは?名城大学で准教授を…

ニュース

野原康佑(こうすけ)が名城大学の准教授を刺した人物であると報じられました。被害者である准教授の名前は出ていませんが犯人の名前が先に出ました。野原康佑の顔画像やFacebookはあるのか、犯行動機などは一体何なのかについてみてみましょう

名城大学の准教授が刺された事件について

出典:名城大学公式サイト

名城大学の准教授が刺されたのは2020年1月10日16時頃。愛知県名古屋市天白区にある名城大学の「天白キャンパス」の研究実験棟にて大学の関係者が「学生が教員を刃物で刺した」として110番通報。

准教授は首や胸を刺されて出血しており凶器はハサミであり押収済み。救急車で病院に運ばれていますが意識もある状態。そんな現場となった名城大学の地図はこちら。

刺されたのは理工学部の40歳の准教授。刺した犯人は最初は学生と名乗る20代の男と報じられていましたが理工学部の野原康佑(こうすけ)・22歳であると報じられました。野原康佑は現行犯逮捕をされ容疑を認めています。

野原康佑の顔画像やFacebookは?

名前野原康佑(のはら こうすけ)
年齢22歳(2020年1月10日時点)
学部理工学部

野原康佑の基本的なプロフィールは上記の通り。当初は自称・社会基盤デザイン工学科4年生とも記述があったものの現在は消えており自称・同学部3年生と修正。情報が錯綜しています。Facebookや顔画像は現在の所不明。

二人は共に理工学部の准教授と学生という関係であり、詳細は不明ですがレポートを巡ってトラブルになっていたと見られています。事件現場は大学キャンパス内の研究実験棟2の1階の研究室。下記画像の右下の場所。

出典:名城大学アクセス

この場所は2013年3月に完成した地下一階、地上四階建て。1階には研究室や実験室があり、多くの学生が集まる空間となっています。事件が起きたのも授業と授業の間でありまだ人が多く残っていた場所。事件現場となった研究室には鍵がかけられており封鎖済み。

レポートを巡ってトラブルになっていたと報じられており実際に犯人の野原康佑も被害者の准教授も理工学部ではあるものの、具体的に同じ研究室の教員と生徒かどうか、当時二人は何をしていたかについては事件当日19時前から開かれた会見でも「詳細は控えたい」と名城大学の学長は詳細を明言はせず。

犯行動機はレポートの単位

野原康佑の犯行動機が明らかに。レポートの提出期限を守らず、レポートを出さなければ単位をあげないと言われたためとのこと。

いや、提出期限は守りましょうと。正直この辺りは教授によって厳しいかどうかは全然違いますからね…。この事件によって教授が萎縮して単位がダダ甘になるのもそれはそれで弊害がある気がします。

一時犯人であるとツイートされたのはネタ

一時期名城大学の准教授を刺したとされるツイッターアカウントが話題になっていました。ただしこれは鍵付きアカウントであり、仮面浪人のもの。

「お前らの面会、待ってるぜ!」「刑務所怖い…吐きそう」などとツイートをしていたスクショが拡散されるもツイートされたのが事件の後(逮捕後)であり、事件を知った人物の単なる冗談が一部に本気に取られてしまっただけのようです。

名城大学の准教授が刺された事件による反応

事件直後(?)に現場に行ったと思われる人物のツイート。こちらのツイートには中日新聞、メ~テレnews、東海テレビニュースなどの公式アカウントが現場の情報を知りたいとリプライ。

また、名城大学には取材も殺到しておりメディア関係者が大量にいる状態。

ちなみに今回の事件により1日署長の放送も延期か中止になってしまったようです。とばっちり。

野原康佑は准教授の授業を受けており、レポートの提出や単位の取得を巡ってのトラブル。今回が最初のトラブルであったのか、ずっと前からあったのかが気になる所。しかしこのような事件が起きると教授サイドも萎縮してしまいそうですが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました