吉川貴盛の息子は秘書官と北海道議会議員!19年2月に批判も

吉川貴盛の息子は北海道議会議員と秘書官。実は次男の秘書官の起用について2019年2月にその人事は批判をされています。

次男の起用の理由については記者などから突っ込まれて反応を返していますが…。今回はそんな吉川貴盛の息子について過去に追求されたこと、その時の本人の反応などについてみてみましょう。

吉川貴盛の息子

吉川貴盛

吉川貴盛には子供が3人。長男は北海道議会議員の吉川隆雅(たかまさ)。次男の吉川統勝(のりかつ)は農水大臣秘書官に任命しており、政界に進出するのではとも囁かれていました。

また、吉川貴盛の妻は吉川千恵子(ちえこ)さん。2007年3月21日に56歳で亡くなった事が報じられます。喪主は吉川貴盛が務めていました。

長男の吉川隆雅

名前 吉川隆雅(よしかわ たかまさ)
生年月日 1976年10月4日
出身高校 北海道日本大学高等学校
出身大学(中退) 日本大学
経歴 北海道議会議員

吉川隆雅は衆議院議員秘書、民間企業を経て2011年に北海道議会議員に初当選し、現在は3期目。議員としてはよくありますが名前の部分はひらがな表記で「吉川たかまさ」。家族構成は妻と長男、次男、長女の5人家族。父親と同じ数の子供。

吉川たかまさの尊敬する人は両親。特に後援会女性部が今は亡き母親のことを話してくれるために偉大さを未だに実感するという事を明かしています。

次男が秘書官に

吉川貴盛の次男は統勝という名前。吉川貴盛は2018年10月2日に農水大臣として初入閣し、2019年9月11日に退任をしました。そして2018年12月21日に次男である吉川隆雅を農水大臣秘書官に任命。この起用の前日にはなんと次男を北海道議員選挙に擁立して公認。

北区では長男の吉川隆雅が3期目。そして東区の自民県議の引退に伴って擁立という事でゴリ押し具合がヒドイと話題に…。

この事は農林水産省幹部職員名簿にて確認可能。農水大臣秘書官ではなくなったのは大臣を辞任した2019年9月11日の同名簿でも確認できます。下の画像が農水省の公式サイトの該当ページ。

農水大臣が吉川隆雅、秘書官が次男の吉川統勝であることが確認出来ます。この事について2019年2月12日の吉川農水大臣記者会見にてつっこまれており主に下記のように返答。

  • 起用の理由はほとんど帰る事の出来ない地元の対応など。
  • 起用の前日に北海道議会議員の公認候補になってるのはたまたま。
  • 本来はもっと早くと思っていたが手続きが重なったタイミングだった。

この事を当時国民民主党であった後藤祐一が「選挙で有利になるための人事そのものだ」と批判。吉川貴盛農水大臣はそのような意図はないと弁明。そして次男は「選挙に出ない」と明言。

実際に次男が農水大臣秘書官になること事態は問題はありません。しかし吉川貴盛本人も鳩山郁夫などの秘書を務めて北海道議員議会に初当選。そして長男も議員秘書から北海道議員議会に出馬して当選となっており、その上次男までも同じ道をたどるのかと思うとさすがにやりすぎだと反発は必至だったという事に…。

吉川貴盛は父親として息子たちに道を示したかったのかもしれませんが、やり方があまりにも強引すぎた印象。自分の成功体験をそのまま息子たちに与えようとした、そんな印象を受けてしまいます。