菊池涼介が調停申し立て。嫁との結婚発表がまだな理由か

スポーツ

菊池涼介が調停申し立てをしていることが明らかに。菊池涼介はCAである嫁と極秘に結婚をしている事が報じられておよそ10日後。既に子供も妊娠しており出産も目前であるものの結婚発表はまだと違和感。

そこまで遅れた理由はやはり調停申し立てだったのでしょうか。今回は菊池涼介の嫁との結婚が明らかになったこと、調停申し立てについてみてみましょう。

菊池涼介が嫁との結婚と子供妊娠も…

出典:ツイッター

菊池涼介と嫁との結婚、そして子供の妊娠が明らかになったのは2020年3月3日の女性自身にて。女性自身によると菊池涼介の極秘結婚については以下の通り。

  • 菊池涼介の嫁は元CAで20代後半と見られる。
  • 容姿は北川景子に似ているスタイル抜群の美女。
  • CAであるため語学も堪能。
  • 九州出身で菊池涼介とは食事会で知り合った。
  • 交際は1年ほど。
  • 2019年夏に子供の妊娠が発覚
  • 2019年10月に極秘結婚。
  • 2020年4月に第一子出産予定。
  • 2020年2月下旬に広島市内の産婦人科病院に嫁が現れていた。

女性自身によると菊池涼介の結婚について質問をすると代理人弁護士から「プライベートな事項を公に発表することをしない、すべきでもないと考えております」という回答がきたとのこと。このことを考えると菊池涼介サイドとしては結婚発表を今後もする予定はないのかもしれません。

また、この時点では菊池涼介が嫁との結婚発表をしない理由については「本人が公にしたくないならしなくても良いのでは」などと週刊誌報道に対してプライベートとは切り離して考えるべきだという意見も多く見られました。

ちなみに菊池涼介は2017年1月3日、広島ホームテレビの新春カープ特番に出演。この時には菊池涼介の結婚などについて話が飛び、「選手会の納会で恋愛運MAXって言われたんですけど全く無いです」ともコメント。また、2020年の運勢占いでも既に結婚はしていたものの性分より恋愛運が高いという状態に。

この時菊池涼介は一体どのようなことを思っていたのか。

菊池涼介が調停申し立てのトラブル

そんな菊池涼介が調停申し立てをしていることが明らかになったのが2020年3月14日のAERAにて。菊池涼介本人もインタビューに答えて認めています。菊池涼介の調停申立の大まかな流れは以下の通り。

  • 広島出身の知人からAさんを紹介される。
  • 10日後に深い関係となり、1-2ヶ月に1度ほど会う状態。
  • その後現在の嫁と出会って交際開始。
  • Aさんとは疎遠になった状態(自然消滅?)
  • 2019年12月8日、Aさんを紹介した知人から「結婚したの?」「Aさんに伝えた?」とメッセージが。
  • 菊池涼介はそれを受けてAさんに報告と感謝のメッセージ。
  • Aさんが電話をして「会って話をしたい」と求めるも時間が取れず。
  • 2020年1月27日にAさんの弁護士から電話。
  • Aさんは結婚を前提にした交際だったと主張する書面が送られてきた。
  • Aさんは弁護士を通して3月5日までに8000万円の支払いを要求。
  • 菊池涼介は和解金として500万円を準備するもあまりにも高額と判断。
  • そのため菊池涼介は3月6日に異例に高額な慰謝料要求として調停申し立て。

このように1月27日時点で菊池涼介は元交際相手の女性とのトラブルがあったということになります。そのために菊池涼介は嫁との結婚発表についても慎重であった可能性が。元々菊池涼介はSNSなどを使っていませんしプライベートはあまり表に出さないタイプですしね。

菊池涼介サイドの主張

正直な所言った言わないの水掛け論にはなりますが菊池涼介サイドの主張としては以下の通り。

  • もともと「軽く付き合えるならお願いします」と真剣な交際ではなかった。
  • デートも一度だけ。SNSなどでのやりとりも日程の確認など恋愛感情は感じられなかった。
  • 結婚をAさんに報告してから「真剣な交際だった」「好きだった」という話を突然された。今まではそんなメッセージは無かった。
  • Aさんの仕事も知らないし自宅も知らない。
  • Aさんとの関係は嫁との結婚前だけ。
  • 8000万円は法外な慰謝料。
  • Aさんの主張は信じがたいものであり恥ずかしい思いもあるが裁判所の常識ある判断で解決をしてもらいたい。

このように元々菊池涼介はAさんとは真剣な交際ではなく、お互いにそういう認識であったと主張。また、Aさんと関係を持ったのは独身時代だけであるとしています。

Aさんの主張

一方でAさんの主張に対しては以下の通り。

  • 真剣な交際として菊池涼介を紹介された。
  • 子供を生んでくれるかと質問された。
  • 菊池涼介が恋愛感情を述べていた。
  • デートの場所や時間など全て菊池涼介に合わせて奉仕してきた。
  • バレンタインデーや菊池涼介の誕生日にはプレゼントを渡し、結婚を前提としていた交際だった。
  • 2年間を菊池涼介にささげてきた。
  • 菊池涼介が嫁と結婚後もそれを隠して二度ほど関係をもった。
  • それを知ったことで驚きと悲しみで心療内科へ通院し適応障害と診断された。
  • 8000万円という慰謝料は高額な年俸を持つ菊池涼介にとって痛みのある金額である必要があるため。

菊池涼介とAさんの主張での主な違いは真剣な交際だったかどうか、恋愛感情の有無結婚後に関係を持ったかどうか、の3点でしょうか。個人的には恋愛感情の有無は証明が難しいとしても結婚後に関係を持ったかどうかはホテルで会っていたのなら証明は簡単そうに思えます。

個人的には遊びの関係というのに少し思う所もありますけれど、そのあたりの好き嫌いは抜きにすると菊池涼介サイドの方が言い分は通っている印象。調停申し立てによりどちらが正しいかはっきりとわかるのでしょうけれど。

このトラブルが無事に解決したら菊池涼介は正式に嫁との結婚発表をするのでしょうか。今回の騒動で結婚自体は認めてはいますけれども、プロ野球選手は奥さんの特集番組も度々ありますし、何らかの形で嫁も表に出てきそうな気はしますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました