宮崎緑の元夫は弁護士で逃亡生活してた…宮崎緑の危機管理能力が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

天皇陛下の生前退位での有識者会議。
そのメンバーの一人に宮崎緑がいます。

宮崎緑の元夫は実は弁護士で
つい最近まで海外で逃亡生活を送っていました。
今回は宮崎緑の弁護士の元夫についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■宮崎緑の元夫、椿康雄について

椿康雄は1987年に弁護士登録をして
1988年に宮崎緑と出会ってわずか二ヶ月で結婚。
1989年には男の子が生まれています。

しかしその後3年3ヶ月で
結婚生活は終りを迎え、離婚をしています。

宮崎緑が離婚をした理由としては
『彼はとにかくウソが多い』とのことでした。

しかし椿康雄は1991年には独立し2003年には
六本木ヒルズに法律事務所を構えて
10人もの弁護士を抱えるほどに急成長を遂げます。

■椿康雄が逃亡生活をした経緯

椿康雄は2005年後半に
東証マザーズ上場の検査装置メーカーである
オー・エイチ・ティー(OHT)の株価を
不正に釣り上げて巨額の利益を得た疑いがもたれています。

この件では20万円前後で推移していたものが
突如として150万になったもののしばらくすると暴落。

急騰するまえの20万円前後に戻り、
30近くの証券会社が合計で
およそ30億円もの損失を被ってしまいました。

そして暴落直後の2007年には逮捕状が出されますが
2007年5月に海外に逃亡をします。
 

【スポンサーリンク】

 

■椿康雄の逃亡生活

宮崎緑の元夫、椿康雄は
タイのバンコク付近で
若いタイ人の女性と暮らしていたという。

豪遊はしていなかったものの、
月30万円の高級マンションに住んでいたり
かなり悠々自適の生活を送っていたそう。

しかし2016年8月2日に
タイから強制送還されます。
実に9年も逃亡生活を続けていたということに。

■おわりに

宮崎緑は元夫の椿康雄と離婚理由で
嘘が多い、として離婚をしていますが
その判断は結果として正しかったということになりますね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 宮崎緑?この人だれ? より:

    宮崎緑自身に経歴詐称疑惑が出てきたね。東工大講師というのがウソとの疑惑。
    講師の実績はなく、ただの司会役だったとか。本人の釈明も説得力に欠けるそう。
    2016年は元夫の逮捕と自身の経歴詐称疑惑がでて災難の年になったね。

コメントを残す

*

CAPTCHA