ブル中野が回顧。若い頃から美人で現在美魔女!

芸能

近頃はバラエティ番組でも頻繁に見かけるようになったブル中野が回顧。若い頃から美人であり、現在も美魔女として容姿が絶賛されています。

昔から容姿端麗であったものの悪役レスラーとして有名であったために化粧などのイメージ的に美人とはそこまで結びつきはしなかったり。今回はそんなブル中野の回顧についてみてみましょう。

ブル中野が回顧

出典:ブル中野ツイッター

ブル中野は全日本女子プロレスの伝説的な悪役レスラー。極悪同盟に加入をして獄門党を結成。既に字面だけでもおどろおどろしい。そして現役時代のブル中野の画像がこちらとなります。

現役時代のブル中野と現在の美魔女なビフォーアフターが凄い。体型もかなり変わっているのがひと目で分かります。ブル中野はそのように1997年に現役を引退して現在は様変わり。そのため現役時代の事をブル中野が回顧。

ブル中野は17歳で悪役レスラーになりますが最初は好き好んでしたわけではありません。16歳の時に悪役になることを命じられ、親にも友達にもその事を話すことは出来ず。その理由は今のようにプロレスをエンタメとして見る傾向は薄かったため悪役=本当に悪い人というように見られるために思春期のブル中野は絶望。

しかし会社から決められた事なので逆らうことは出来ず。さらに試合も過酷であり毎日のように試合を組まされ、骨折をしてギブスをしていると会長が「こんなのをつけていたらいつまでも治らない」という事でなんとトンカチでギプス粉砕。ただし悪役時代は月収70-100万円と破格。

ですがブル中野の悪役メイクは家族や周囲の人からはドン引き。隠れて交際していた彼氏とも別れ、応援してくれていた親戚も離れとプライベートは順風満帆とはいかず…。

当時は美容も気にしていなかった

前述のようにブル中野の現役時代のメイクは亀裂など悪役らしさ全開。マジックで悪役メイクを書いていたので肌荒れがデフォルト。

そのため基礎化粧をしたのも30代になってから。しかし普通の私服も「いつか引退して痩せたら着たい」と大量に購入。しかし体重三桁であり後で着ることも出来なかったため、ブル中野が一度も着ること無く妹にプレゼント。

そして膝を壊したことなどで1997年にファンに何も言わずひっそりと現役引退。ブル中野はプロレスが生きがいであったため生きる目標を失ってしまい、プロレス仲間の連絡先を全て消去。2010年にテレビ出演するまでの13年間ほぼ失踪状態に。ちなみにこの時期にプロゴルファーを目指し115kgから50kgへと過酷なダイエット。

この時にブル中野は普通の女性と扱われた時には、まだプロレスラーという意識が抜けずに「馬鹿にされているのか」と思っていた時期もあったと回顧。

ファンに何も言わず失踪したことについては、1997年に左膝靭帯断裂の怪我をしたことでプロレスができなくなり、復帰は不可能だと判断。

そんな自分の姿をファンに見せたくなかったためだということを告白。本来なら引退を自ら明かすべきであったものの、プライドが高すぎたために手負いのブル中野という状態で人前に出たくなかったという事を明かしています。

2010年に結婚したことで弱い自分から脱却を決意し2012年1月に引退興行。この時にはやはり強いブル中野を見せるために再び増量。体重を100kgまで増やしてようやくプロレスラーのブル中野から引退をしたと回顧をしていました。

美容を気にするブル中野

ブル中野は体重を50kg減らし、引退興行のために50kg増やしたりと体重の増減幅が凄いことに。そのため顔のたるみが気になって美容整形をしている事を暴露。具体的にしたのは肌のたるみや若返り改善のための手術。とはいえブル中野的には「整形ではなくメンテナンス」と自分の口で語っています。

ブル中野の回顧に関するネットの反応

痩せて美人になったんじゃなくて元から整ってるよね。
ブルさんはメイク無しだと本当に可愛かったし、オフのときは普通に良い人だった。プロレス中は相手ときちんと意思疎通できないと即大怪我だからいわゆる普通の人じゃないとトップにはなれないのかな。
16歳の子供に悪役になれっていうのは今の時代だとコンプライアンス的に炎上しそう
ブル中野を美人だって当時言ったら変人扱いされたけど間違ってなかったと思う
ヒールじゃなくてベビーフェイスでも人気出た気がする。そういうブル中野も見たかったな。
当時のインパクトが強すぎて同一人物に見えない。
突然の失踪には驚いたけどやっぱり求道者だと思う
ブル中野はムエタイの青木大輔と結婚をしていますが、旦那は当時は相手がブル中野だと知らなかったようで。ブル中野本人も隠しており、本人だと発覚した時は物凄く驚いたでしょうね…。15歳年下ですしブル中野本人も半ば失踪状態で体重も全く違いますしわからなくても無理はない気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました