佐藤昭典(茨城県護国神社の宮司)逮捕!騒ぎで15年退任要求

ニュース

茨城県護国神社の宮司である佐藤昭典(さとう あきのり)。20代の女性に馬乗りになり乱暴をしようとした疑いで逮捕をされました。実は佐藤昭典は2015年には金粉ダンスを容認して騒ぎを起こしたということで、遺族から退任要求をされていた人物。

そのため今回の逮捕でも茨城県護国神社の地元の人には驚きが無いようで…。今回は茨城県護国神社の宮司である佐藤昭典が逮捕されたことや過去の乱痴気騒ぎの責任を取って退任をすべきだと言われていたことについてみてみましょう。 

 

佐藤昭典のプロフィールについて

出典:Youtube

名前佐藤昭典(さとう あきのり)
年齢75歳(2019年11月時点)
職業茨城県護国神社の宮司
出身香川県高松市?

佐藤昭典は2002年から茨城県護国神社の宮司として就任。そしてその時から「桜山さくらナイトライブ~花火でボノボ~」というイベントを4月から行っていたとのこと。後述しますがその時に一度、「宮司の佐藤昭典は騒ぎの責任をとって退任しろ!」と言われるほど大きな問題になってしまいました。

また、限りなく本人の者と思われるFacebookは存在。佐藤昭典という名前、茨城県水戸市在住というプロフィール、そして顔画像も限りなく本人と合致。更には「茨城県護国神社 宮司 佐藤昭典」と刻まれた石碑の画像も。 

 

茨城県護国神社について

茨城県護国神社の場所と外観は以下の通りとなっています。

また、茨城県護国神社には公式ツイッターアカウントも存在。

2010年7月に茨城県護国神社はツイッターアカウントを開設しているので、佐藤昭典が宮司となってからのものということになります。

茨城県護国神社の歴史としては1878年に水戸藩士を祀るために建てられた鎮霊社がオリジナル。現在の「茨城県護国神社」という名前になったのは1941年10月。敗戦後は改名を余儀なくされて「桜山神社」に。

平和条約を締結して1954年には茨城県護国神社に名前が戻りました。戦後は茨城県に関係をする軍人、軍属の霊を合祀。例祭は毎年2回。春は4月10日、秋は11月10日となっています。 

 

佐藤昭典、2019年に逮捕される

佐藤昭典が逮捕された容疑は2019年11月7日の事。佐藤昭典は顔見知りの20代女性のアルバイト従業員を押し倒して馬乗りになり、乱暴をしようとした疑い。女性は翌日8日に警察署に被害届を提出して犯行が発覚。

佐藤昭典本人は否定をしており茨城県護国神社は「事実関係を確認中」としています。また、茨城県護国神社のツイッターも2019年10月26日を最後に更新ストップ。そこまで更新頻度が高かったというわけではないので、宮司である佐藤昭典の逮捕とは無関係であると思われてもいますが…。

2015年に茨城県護国神社で乱痴気騒ぎ

佐藤昭典が茨城県護国神社の宮司となってから開催されていたと言われる「桜山さくら祭り」。これはもともと茨城県護国神社は「桜山神社」という名前の時期があった名残。

そんな2015年4月11日に行われた「桜山さくら祭り」。このときは「桜山さくら祭りナイトライブ~花見でボノボ~」という名前のイベントでした。

タイムスケジュールは下記ツイートの通り。7組のアーティストが出演を刷るイベントです。

問題となったのは18時30分の「ささらほうさら」という集団。前衛舞踏集団であり、なんと金粉を塗りたくった男女が踊るというもの。

出典:久保田システムサービスブログ

これは金粉ショー、金粉ダンスなどとも言われています。茨城県の伝統芸能というわけではなく、本拠地は名古屋であるとのこと。ちなみに「ささらほうさら」は「めちゃくちゃ」「てんやわんや」「意味がわからない」等という甲州地方の方言であるとのこと。 

 

茨城県護国神社の宮司に遺族が激怒

この「桜山さくら祭りナイトライブ」の金粉ショーについては、「戦没者が祀られている本殿に向けて尻を向け踊るのは御霊に失礼」であると戦没者の遺族が激怒。

遺族連合会がこのイベントの開催を認めた宮司である佐藤昭典の退任を求める嘆願書を提出。しかし宮司は退任の意思を示さず。2015年8月15日の終戦70周年記念臨時大祭、春と秋の例大祭には協力しないと通知。

また、「桜山さくら祭りナイトライブ」は2005年から2010年まで開催。2011年は東日本大震災もあり自粛し、2015年に復活したばかり。ただし2015年より前の祭りでも。鳥居に電飾を着けたり境内にミラーボール設置など神社にふさわしいかと言われると疑問符がつくようなものが…。また、この騒ぎについて茨城県護国神社の宮司である佐藤昭典は以下のようにコメント。

「ライブ前に全員で祈祷した」
「英霊に誠意を示して開いたつもりだったがライブの内容を細かくチェックしなかった」
「見抜けなかったのは大変申し訳無い」

「終戦70年で英霊をお慰めするためにイベントを開いた」
「亡くなられた兵士は若い人が多い」
「若い人に盛り上げて欲しい気持ちだった」

ちなみに2017年4月には再び「さくらまつり」が開催されています。

     

佐藤昭典の逮捕に関するネットの反応

佐藤昭典は2015年に乱痴気騒ぎにて退任要求をされていた宮司。2017年には「さくらまつり」も開催されていたので解決したのかとも思っていたのですが…。まさか今度は宮司本人が逮捕されるとは。ネットの反応は以下の通りとなります。

  • 神に仕えるものがそんなことをするとは…
  • これだけ年齢が離れている対象にそんな目で診られると嫌悪感がある。
  • すごい体力だね。余罪はないよね?
  • 年寄りだから枯れているなんて思っちゃいけないのかな。
  • 初めてではなさそうだな…立場を利用して色々してそう。
  • こいつまだやめてないのかよ。
  • この老人は上級国民じゃなかったみたいだ。
  • 示談になって不起訴になるかもしれないけど宮司をやってほしくない。

茨城県護国神社の宮司、佐藤昭典は金粉ダンス騒ぎで前面に出て次はこんなことで話題になってしまうとは…。即位礼正殿の儀が2019年10月22日に行われたのに合わせて、茨城県護国神社でも「即位礼奉祝祭」を開催していたんですよね…。

この時に宮司である佐藤昭典は「新たな天皇陛下の即位の儀が今日この日に行われることは大変めでたい」などとコメントしていたばかり。2019年11月9日には皇居前で天皇陛下の即位を祝うために国民祭典が開催されており、その直前に逮捕ということに。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました