報道ステーションが世耕弘成の編集を謝罪も蓮舫議員はツイート下げず

ニュース

報道ステーションが世耕弘成の発言を編集した問題。世耕弘成本人がツイッターにて声を上げたことで問題が発覚。報道ステーションは番組にて謝罪をしましたがそのことについても未だ批判が多い状況。そして蓮舫議員は報道ステーションの編集された動画を見て世耕弘成に苦言を呈したツイートをしましたが現在もツイートは取り下げず。

今回は報道ステーションの編集は何故行けなかったのか。そしてその後の報道ステーションの対応、蓮舫議員の対応などについてみてみましょう。

報道ステーションの編集について

出典:世耕弘成ツイッター

報道ステーションの編集について世耕弘成が激怒したのは2019年12月10日の放送。世耕弘成は報道ステーションの該当部分を投稿。これは正確な理解を得たいという公益性があるための判断であるともツイートをしています。

動画を見てもわかりますが当初の報道ステーションの動画を見ると「与党内は早くも年越しムード」とまるで問題を棚上げしているかのようなナレーション

そしてスタジオのキャスターが「納得のできないという声が上がっているのに良いお年を迎えられませんよ」と世耕弘成の態度を非難する流れです。世耕弘成はこの報道ステーションの編集について11日のツイートなどで以下のように語っています。

  • これは印象操作の手口。
  • 朝日新聞から桜を見る会についての質問。
  • この質問の後に憲法や解散など7問の質問と応答があった。
  • 司会役の石井幹事長代理が「これで記者会見を終了」と発言して正式に終了。
  • その後は世耕弘成らと記者で雑談。この時に何故かカメラが回っていた
  • 雑談の際に「(記者会見を)いつまでやるのか」と石井幹事長が語り、世耕弘成が「もう良いお年をというか…来週はある?」と語った前半だけを切り取られた。
  • 脈絡の異なる話を繋げて編集し、あまつさえ会見終了後の映像を使用している。

世耕弘成本人が見ていたので報道ステーションの編集はおかしいものと本人が指摘することができましたが、本人が見ていなかったら印象操作が成功していたということになります

報道ステーションは謝罪

この世耕弘成の発言の編集についてテレビ朝日報道局長が幹事長室に直接訪れて以下の事を謝罪した事を本人がツイッターで明かしています。

  • 会見終了後の映像を使用した事。
  • 文脈の異なる部分をつないで編集した事。

世耕弘成は謝罪を受け入れるかはこの日の報道ステーションでの対応次第。テレビ朝日報道局長は報道ステーションで何らかの対応をすると約束をしました。その結果12月11日放送日の冒頭に謝罪。しかしこの謝罪についても未だに問題が…。謝罪は冒頭に以下のような言葉でされました。

  • 昨日「桜を見る会」のニュースの中でVTRの最後に自民党の世耕参議院幹事長が「良いお年を」などと発言した様子をお伝えしました。
  • これは定例記者会見が終わった後の世耕氏の発言で今後の会見予定について述べたものでした。
  • 「桜を見る会」とは直接関係のない発言で、放送ではその説明が丁寧ではありませんでした。
  • 誤解を招く表現で世耕氏、ならびに視聴者の皆様にお詫びいたします。

この報道ステーションの謝罪については世耕弘成の編集についての反論を知っている人なら何のことかはわかりますが、知らない人にはそもそも伝わらないというものでした。その上再発防止には何も触れていませんでした。

あのような編集で「説明が丁寧ではない」「誤解を招く表現」というのは不適切な印象。明らかに何らかの意図が見えているというか。また、現時点では世耕弘成は報道ステーションの謝罪を受け入れたかは不明です。

蓮舫議員の対応は?

このことについて蓮舫議員の対応も注目されています。編集されて報道ステーションも一応は謝罪した放送を引用して「いい加減にして欲しい」とツイート。

このツイートは現在も削除されておらず、世耕弘成は蓮舫議員に対してこのツイートを取り下げて欲しいとツイート。しかし現在も対応せず。

また、現在は削除されていますが立憲民主党青森県連合(@CDP_Aomori)の公式ツイッターはこの世耕弘成の反論のニュースについて「くだらない指摘」「くだらなくて楽しく寝れまする」とツイートしていました。蓮舫議員はこのツイートをRTしていました。つまりは蓮舫議員もそのように思っていたということに。

立憲民主党青森県連合のツイッターアカウントはツイートを削除したこと、軽い言葉を使ったことを謝罪。ただ謝罪しただけでは反省していないと取られかねないとしてどのようなツイートを削除したかも画像にて保存しています。

ただし画像を見ていただけるとわかるのですが、このツイートにはスレッドとしてもう一つのツイートが存在しています。見切れている部分の内容は以下の通り。

パタパタのシッポが見えちゃってますよー😵
なんて下品なtweetをしそうになっちゃいます。
反省😣
蓮舫議員は以下のように「テレ朝の編集には文句言う」というツイートを引用してツイートしており、世耕弘成を批判したとみられるツイートを取り下げる気はなさそうです。
 
報道ステーションも謝罪をしており立憲民主党青森県連合も謝罪。しかし蓮舫議員は取り下げるつもりはないようで…。なんというか足並みが乱れている気が。

一連の発言編集に関するネットの反応

報道ステーションの世耕弘成の発言編集はまだまだ収まりそうにありませんね。世耕弘成も現在は続報がありませんし、ツイッターでまた何らかの動きが出てからが本番でしょうか。今回の発言編集に関するネットの反応はこちら。

意図的な編集に対して誤解を招く表現とは。
国に説明責任を果たしていないという前に、テレビ局が説明責任を果たしていない。
恐ろしいのは、これが対応ができる人であり、相手がいわくつきの集団だったからこの程度で済んだという事実。
いかにもそうなってしまったみたいな謝罪の仕方。確信犯ですよね、誤解を与える様に編集したのでしょうから
これは余裕でBPOの案件でしょ。朝生のデマ発言といい、確信犯としか思えない。
このニュースの編集をした人は、どういう意図でこうやったのか?報道の自由を主張するなら、これに答える義務がある。
世耕弘成の発言についてアナウンサーが謝罪しましたが、正直なところ発言が編集されたものだと知らない可能性もありますよね。報道ステーションの上だけが暴走した形というか…。しかし少なくとも今回の件は会見終了後の映像があったわけで。
そうなると現場は発言編集する意図はなかったが上が編集したとはならず、最初から編集する気があったとしか思えません。それが上の指示なのか現場の判断かまではわかりませんけど。
今回は世耕弘成がツイッターで発言できるので発覚しましたが印象操作がそのまま通ってしまったパターンもあるんでしょうね。それこそ多忙な首相・大臣クラスは全部の番組チェックなんてできないでしょうし。一度でもこのような事があるとこう信憑性が一気に下がってしまうわけで。今回の報道ステーションの発言編集はかなり痛手な気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました