吉野彰家族は嫁と子供3人。藤沢在住で次女は近所に

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰
吉野彰は家族の支えがあり
ノーベル化学賞を受賞したと
明かしています。

今回はそんな吉野彰の家族である
嫁と子供達についてみてみましょう。


 

 

■吉野彰の家族

吉野彰は大阪府吹田市で
4人きょうだいの3人目、
次男として生まれました。
嫁である久美子さんとの出会いは学生時代。

吉野彰と嫁の久美子さんの間には
子供が3人生まれています。
吉野彰の家族は以下のような構成。

本人:吉野彰(71歳)
嫁:吉野久美子(71歳)
次女:大平裕子(35歳)
長女:(現時点では不明)
長男:(現時点では不明)

次女の名前が判明しているのは
単純に吉野彰が現在神奈川県藤沢市で
吉野彰と嫁が住んでおり
近所に次女の大平裕子夫婦が住んでいるため。

吉野彰がノーベル賞を受賞した際に
次女夫婦がお祝いに来て
取材のときにも次女が居たため
名前や年齢が判明したという形。

ただし一部報道では吉野彰、
嫁、次女の3人ぐらしともされています。
 

 

■吉野彰と嫁の出会い

吉野彰と嫁の出会いは京都大学時代。
吉野彰は最初は考古学研究会に所属。
そして考古学サークル同志の交流会。

嫁は女子大のサークルに所属しており、
他大学との合同で行ったハイキングで
吉野彰が嫁に一目惚れして猛アタック。

ちなみに吉野彰の嫁は
結婚した当初はサラリーマンと
結婚をした気持ちであったため、
ノーベル賞を受賞するとは
全く思っていなかったとのこと。

そのため冗談めかして
吉野彰の嫁は以下のようにコメント。

「学者の妻になるなんて
つゆほども思っていなかった」
「こんなことならもっと
サポートすればよかった」

しかし吉野彰は家族の支えがあったと
以下のようにコメントをしています。

「こういう研究をやってると
夜帰るのがおそくなりがち」
「文句も言わずに支えて
くれたことがありがたかった」

 

 

■家族が明かす吉野彰

また、吉野彰の家族が吉野彰の
休日などのエピソードも明かしています。

■嫁が明かす吉野彰
「お酒が大好きで日本酒が特に好き」
「家にいる時は寝ている時間が殆ど」
「休日は夫婦でテニス」
「ラリーを続けて粘り勝ちする」

「カラダのために野菜を
とって欲しいのに食べない」
「(激務の際に)枕に髪の毛が
いっぱいついていた」

■次女が明かす吉野彰
「高校生の頃数学を教えてもらった」
「教え方はあまり上手じゃなかった」

吉野彰は家族が語るように自分の性格を
「粘り強さと『何とかなる』の相反する要素」
を持っていて研究者に
向いていると思う、と語っていました。

ちなみに吉野彰の行きつけの
バーのママである中島和子さんは
吉野彰は24-25年前から
ノーベル賞を絶対に取ると豪語していたとのこと。

■おわりに

ちなみに吉野彰ら3人が
ノーベル賞を共同受賞したことで
注目されるのが自身は
リチウムイオン電池を
どのように使っていたか。

実は吉野彰、リチウムイオン電池が
最初に広く使われたガラケーは持っておらず。
理由はケータイを持つことに拒否感があったため。
そしてケータイを買ったのは2014年頃。
スマホを購入したためガラケーは
購入したことがないという。



コメント

タイトルとURLをコピーしました